原因によっては青汁を飲んで体臭や口臭は改善される可能性もある

[公開日]

記事のポイント

自分の体臭や口臭が「もしかして臭っているのかも?」と心配した経験のあるかたもいるかもしれません。青汁にこのような体臭や口臭を軽減する効果はあるのでしょうか?

青汁で口臭が改善する?

口臭の原因はいくつかありますが、その多くが「口内環境の悪化」や「腸内環境の悪化」によって起きています。

人間の口の中はさまざまな菌がいます。虫歯菌や歯周病菌といった悪臭の原因にもなる悪玉菌のほかに善玉菌も存在しているのです。

虫歯や歯周病の治療をすることはもちろん、口内の悪玉菌を減らして善玉菌を優勢にすることが口臭の予防につながります。

葉緑素(クロロフィル)の口臭改善効果

クロロフィルを含む口臭予防効果のあるガムを食べたことはありませんか?植物に含まれる天然の緑色の色素である葉緑素(クロロフィル)には消臭作用があります。

青汁の原料である野菜にはクロロフィルが含まれているため、青汁を飲むことで口臭を軽減させる効果が期待できると言えるでしょう。

カテキンの口臭改善効果

お茶に含まれるカテキンには消臭作用があります。食事の後、緑茶を飲むと口の中がさっぱりしますよね。青汁の中には飲みやすさを高めるために緑茶を配合したものもありますが、こうした青汁なら消臭作用のある葉緑素とカテキンの両方を摂ることができます。

口臭が気になる方は、緑茶をプラスした青汁がおすすめです。

腸内環境の改善効果

便秘や下痢などを繰り返して腸内環境が悪化すると、腸の中に悪習を放つ老廃物やガスが溜まりやすくなります。やがて、臭いの元となるガスは血流によって運ばれ、汗や息として排出されることに。これが口臭や体臭の原因になります。

腸内の善玉菌のエサとなる食物繊維や乳酸菌を配合した青汁なら、腸内環境を整えて臭いの元となる物質が体内にできるのを防いでくれるでしょう。

腸内環境改善にオススメの青汁ランキング

青汁の体臭改善効果

肉中心の欧米型食生活は体臭を悪化させると考えられています。これは、肉類を消化するときに、腸の中に硫化水素やアンモニアといった臭いの元となる成分が作られるからです。

青汁を飲むだけではなく、野菜を意識して摂ったり、食事を和食に切り替えたりすることで、体内で作られる臭いの元となる成分を減らすことができます。

わきがの原因

青汁でわきがの症状を改善させることはできるのでしょうか。わきがはアポクリン腺と呼ばれる臭いを発する汗を分泌する汗腺の量が多いことが原因。アポクリン腺の量は遺伝で決まります。

青汁をはじめとする食生活の改善だけでわきがを改善させるのは難しいと言えるでしょう。

生まれながらにアポクリン腺が「ない人」が又「少ない人」が、欧米化された食生活を送ることで、アポクリン腺が新しく発生したり、その数が増えるようなことはありません。

しかし、動物性タンパクや脂肪などが中心の食事を続けていると、アポクリン腺の一つ一つの分泌活動が刺激されて「より強いワキガ臭」を発生するようになることは事実のようです。つまり、ワキガ体質の度合いが強くなるのです。

五味クリニック:わきが体質と食生活の関係

人気の青汁ランキングはこちら