ダイエットに向くおいしい青汁は原料から選ぶ

[最終更新日]  [公開日] 2017/4/18

記事のポイント

ダイエット中に不足しがちな栄養素をまとめて摂ることができる青汁。上手に取り入れることで、1日の摂取カロリーを大幅にカットすることができ、ダイエッターの力強い味方になってくれます。

原料によってはむくみや冷えに有効な成分や便秘の改善におすすめの成分を豊富に含むなど、原料選びもポイントになってきますし、毎日続けられるおいしさであるかどうかということも大切です。

ダイエットをスピーディーに成功させるためのおいしい青汁の選び方について詳しくお話していきます。

飲みやすさ重視なら大麦若葉

青汁のなかでも最も飲みやすいのが大麦若葉の青汁です。クセのあるケールの青汁と比べると、ほのかに甘味のある抹茶のような味わい。水で溶いただけでもゴクゴク飲むことができるようなおいしさの青汁が揃っています。

ダイエットを成功させるためになにより大切なのは、継続すること。ストレスなく飲み続けることができる大麦若葉なら毎日の食事にプラスすることで、自然と食べる量を減らすことができ、健康的なダイエットを続けることができます。

普段、朝食を摂らないという人は大麦若葉の青汁を朝食代わりに毎朝の習慣にしてみましょう。便秘がちな人には特におすすめ。ランチやディナーを思い切り楽しみたいときには食事前に大麦若葉の青汁を飲んでおけばOKです。

大麦若葉が原料の青汁をコスパや味で比較

置き換え用のダイエット食品のように、極端に低カロリーの食事を続けていれば、短期間で体重を落とすことは簡単。でも、すぐにリバウンドしてしまいますよね。ダイエットが成功した後も、おいしい大麦若葉の青汁を飲み続ければ、リバウンドすることなく理想の体重を維持することができるはずです。

食事制限によるダイエットを行っていると、スタートし始めは順調に体重が減るのですが、ある時期になると体重が中々減らなくなります。これを「停滞期」といい、約1ヶ月ほど続く場合もあります。 この停滞期の原因は「ホメオスタシス」という体の機能にあります。ホメオスタシスは、体に少量のエネルギーしか入ってこない場合、エネルギー消費を減少させて体を維持する機能のこと。ダイエット中にホメオスタシスの機能が働くと、食事の量にともなってエネルギー消費量も減少するため、それ以上体重が減らなくなるのです。(中略)ホメオスタシスは、1ヶ月に5%以上体重が減少すると、最大限に働く仕組みになっています。短期間で急激な減量をせず、5%以内の体重減少を心がけましょう。

クラブパナソニックダイエットナビ:なぜリバウンドするの?

より積極的な効果を狙いたいなら

青汁の原料の中にはダイエットにより適した成分を含む原料で作られたものもあります。徐々に摂取カロリーを減らすだけではなく、より積極的なダイエット効果を狙うなら明日葉や桑の葉の青汁がおすすめです。

むくみや冷えが気になる方に最適!明日葉の青汁

冷えや運動不足などによる血液やリンパの滞りは女性に多いむくみや冷えの元凶。巡りの悪い体は代謝が低下して痩せにくくなっています。明日葉に含まれるポリフェノールの一種、カルコンには血流やリンパの流れを促して、体内の老廃物を排出しやすくする作用が。その他にも明日葉にはクマリンやカリウムといった利尿作用のある成分も含まれています。

明日葉の青汁は夕方になると脚がパンパンという方や日ごろから運動する習慣がない方、お尻やふとももにがっちりついたセルライトが気になるという方におすすめ。女性に多い下半身太りが気になる方にも適しています。さらに明日葉はケールや大麦若葉と比べて食物繊維も豊富。これなら毎朝のすっきり効果も期待できそうですね。

1杯価格もわかる明日葉配合の青汁一覧

100g水溶性不溶性食物繊維総量
大麦若葉 生0.1g3.9g4.0g
あしたば 茎葉 生1.5g4.1g5.6g
ケール 葉 生0.5g3.2g3.7g

炭水化物がやめられない人は桑の葉の青汁

パンやパスタ、ご飯が大好きといった炭水化物が大好きな人におすすめなのが、桑の葉の青汁。桑の葉に含まれDNJ(デオキシノジリマイシン)には小腸で糖が吸収されるのを阻害し、血糖値の上昇をゆるやかにする作用があります。

お茶や青汁の原料で注目度UP!桑の葉の効能・成分

血糖値が急上昇すると満腹感が得にくくなるだけではなく、脂肪を体内に溜め込みやすくなります。食事の前に桑の葉の青汁を飲んでDNJが体内にある状態にしておけば、糖の吸収がゆるやかになり、健康的なダイエットにつながります。桑の葉100%の青汁はお茶に似た味わい。ダイエット中は食事中にお茶代わりに飲んでもいいでしょう。

空腹状態からいきなりお菓子やご飯、パンなど糖質主体の食べ物をたくさん食べてしまうと、血糖値は一気に上昇し、インスリンが必要以上に分泌されてしまいます。これにより、糖分を脂肪として蓄積することに拍車をかけてしまうのです。それだけではなく、急上昇した血糖値を今度は急降下させる「血糖値のジェットコースター的急変化」を招くこととなり、食欲を増長させるとも言われています。

タニタ:太りにくい食べ方のコツ

明日葉や桑の葉の青汁の味は?

明日葉はケールよりずっと飲みやすいものの、苦みや渋みがあるという声もあります。おすすめは豆乳や牛乳で溶かす方法。抹茶ラテのような味わいになるので、ティータイムにも最適です。ヨーグルトなどにまぶしてオリゴ糖を加えて食べてもいいでしょう。

青汁と豆乳の相乗効果!美肌やダイエットなど女性にうれしい栄養が豊富

桑の葉は昔からお茶として飲まれていたほどなので、抵抗感なく飲める方が多いはず。100%の粉末でもクセがありません。桑の葉のDNJは熱に強いのでお湯に溶かして飲んでももちろんOKです。桑の葉の粉末青汁とヨーグルトやバナナ、豆乳をミキサーにかけてスムージーにすれば満足感もアップ。ダイエット中の間食にもぴったりですね。

ダイエットやコスパ、味でおすすめの青汁

味がおいしいとはいえ、ライフスタイルによっては水や豆乳、牛乳に溶かして飲むタイプは面倒で続かないという方もいるかもしれません。忙しい毎日を送っている方はどこでもサッと飲める粒状のサプリメントタイプを選ぶといいでしょう。

持ち運びも簡単で飲みやすい青汁サプリ