冷凍タイプの青汁は栄養そのまま!メリット・デメリットについて

[公開日]

記事のポイント

最近は手ごろな粉末タイプが一般的になりつつある青汁ですが、冷凍タイプも根強い人気があります。

青汁を飲んでみたいと考えている方の中には「青汁は冷凍タイプでないと効果がないのでは?」という疑問をお持ちの方もいるかもしれませんね。

冷凍タイプの青汁がどんなものか、メリットとデメリットなどを挙げながら詳しく説明していきます。

冷凍タイプの青汁とは

その名の通り、青汁の原料を生のまま搾り、そのまま冷凍させたフレッシュな青汁です。各メーカー鮮度にこだわっていて、原料の産地の近くで加工しているというところも。新鮮さがウリであるため、原料は国内産のものがほとんどです。

また、冷凍タイプは青汁本来の味を楽しみたいという方向けにケールのみを使用したものが多くなっています。

冷凍青汁のメリットとデメリット

冷凍青汁のメリット

栄養価の高さはナンバーワン!

原料を搾ってそのまま冷凍した青汁は栄養素の損失がほとんどありません。非加熱製法で加工される粉末タイプもまったく栄養素が損失しないわけではないのです。

冷凍タイプならビタミン、ミネラル、食物繊維などをまるごと摂ることができるため栄養価の面からみるとさまざまな形状の青汁の中で最も優秀と言えます。

特に顕著なのは食物繊維の量でしょう。スプレードライ製法では繊維質は取り除かれてしまいますし、水溶性食物繊維の量も少なくなってます。

冷凍タイプの青汁なら、食物繊維の量も豊富なまま。便秘解消のために青汁を飲みたいという方にも最適です。

飲み方によってはスムージーのような本格的なおいしさに

冷凍青汁はまずいという印象がありますが、バナナと豆乳をプラスしてミキサーにかけるとおしゃれなスムージーのような味わいに。リンゴやイチゴなどとの相性も◎です。

冷凍青汁のデメリット

栄養価の面ではもっとも優秀な冷凍青汁ですが、デメリットもあります。

価格が高い

国内産の厳選された原料を使用しているため、他の青汁と比べ価格が高めになっています。また、通販で購入する場合、クール便を使用することになるため送料も高くなることに。

飲むのに手間がかかる、利便性が低い

冷凍青汁を解凍する際、レンジや湯煎を使うのはNG。栄養素を損なわたないために、常温以下で解凍する必要があります。

飲むタイミングの数時間前に冷凍庫から出して解凍し、一度解凍したらその日のうちに飲むのがベスト。また、持ち運びできず、基本的には家で飲むことしかできません。

独特のえぐみがあり飲みづらい

ケール特有の苦みやえぐみがあり飲みづらいのもデメリットのひとつでしょう。長く飲み続けたい人や青汁の初心者さんには向いていないかもしれません。

冷凍青汁のおいしい飲み方

他の食材と混ぜるときはミキサーを使用するのがおすすめ。バータイプのフードカッターでも代用できます。青汁と相性のいい食材を紹介しましょう。

冷凍青汁とバナナ&豆乳

バナナは完熟タイプを選びましょう。オリゴ糖をプラスするとさらに飲みやすくなります。

冷凍青汁&リンゴ&はちみつ

フレッシュな味わいが楽しめます。さわやかな酸味が特徴で運動のあとにもぴったり。

冷凍青汁&甘酒&ショウガ

飲む点滴と呼ばれる甘酒でアミノ酸をプラスしたパーフェクトドリンク。ショウガの効果で冷えを予防する効果も期待できます。

冷凍青汁&ヨーグルト&ブルーベリー

ブルーベリーは冷凍のものを使用しても。好みで牛乳をプラスすれば、さらっとした喉ごしに。

その他、材料を用意するのが面倒な場合、果汁100%のリンゴジュースと混ぜるだけでぐんと飲みやすくなります。

冷凍青汁の定番はキューサイとファンケル

ケールを使用した冷凍青汁を製造しているメーカーはそれほど多くありません。代表的なのは青汁の名を世に知らしめたキューサイと化粧品メーカーであるファンケルの2つです。

ファンケルの冷凍青汁はイオンや生協など、一部のスーパーやコンビニで購入することができます。といってもあまり取扱店舗は多くないので、愛飲者の多くが通販で購入しているようです。

通販ならポイントがたまり、キャンペーンの際には割引になるというメリットも。

もちろん原料のケールも質の高いもののみを厳選しています。化学農薬を使用しない愛媛・長野・鹿児島県の契約農家で栽培した国産ケールだけを使用しているので、安全性もばっちり。

1本あたりに使用するケールの量は約120gで1日分の緑黄色野菜を補うことができるのもロングセラーになっている理由でしょう。

ケール100%ファンケルの粉末青汁を試してみました