青汁の原料を成分・特徴で比較!ダイエットや美容など目的で選ぶ

[公開日]

記事のポイント

青汁の原料といえば、かつてはケールが主流でしたが、最近では大麦若葉や明日葉、桑の葉など、原料のバリエーションが増えています。

種類が多すぎて「青汁を飲んでみたいけれど、どれを選んだらいいのか分からない」「ダイエットに一番、向いている青汁は?」など、疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

青汁の原料によって何が違ってくるのかを詳しく説明し、ダイエットや美容、健康維持などの目的に合った青汁が選べるようにまとめました。

目的に合わせて選ぶ!青汁の原料比較

ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉……。青汁の原料はどれもビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富。毎日の食事にプラスするだけで野菜不足を補えることが特徴です。言ってみれば、どの原料でも野菜不足解消効果は狙えるということ。青汁を選ぶときには、プラスαのはたらきをチェックするのがポイントになります。

ダイエットのための青汁

明日葉

明日葉に含まれるポリフェノール、カルコンには体内の老廃物を排出しやすくする作用があります。むくみの解消やセルライトの予防にも役立ってくれるので、明日葉の青汁はダイエット中の女性にオススメです。

また、カルコンは内臓脂肪や悪玉コレステロールの減少にも効果が期待できると言われています。健康診断の数値が気になり始めたら飲み始めてもいいかもしれません。

青汁の原料で注目の明日葉のカロリーや成分について

桑の葉

甘いものや炭水化物がやめられないという方や、血糖値や悪玉コレステロールの数値が気になり始めた方のダイエットに最適なのが桑の葉です桑の葉には以下2つの独自成分が含まれています。

  • DNJ(デオキシノジリマイシン)  糖質の吸収を緩やかにする作用のある成分
  • Q3MG(クエルセチンマロニグルコシド) 悪玉コレステロールの生成を防ぐフラボノイドの一種

低GIダイエットや糖質制限ダイエットに注目が集まっていることからも分かるように、糖の吸収を抑えることはダイエットをする上で重要なポイントとなります。青汁に含まれる食物繊維を摂ることで、糖質の吸収を抑えることができますが、桑の葉の有効成分がプラスされればさらに効率的に糖にアプローチできます。メタボ体型が気になる男性にもおすすめです。

ダイエットにおすすめの青汁一覧

美容のための青汁

大麦若葉

ケールに比べてぐんと飲みやすい味で知られる大麦若葉の青汁。SOD酵素やビタミン、ミネラルが豊富で美肌をキープしたい方にぴったりの青汁です。

SOD酵素はシミやシワ、たるみといったあらゆる老化の原因となる活性酸素を除去。もともと体の中に存在している酵素のひとつですが、年齢とともに減っていくと考えられ、食事やサプリメントで補う必要があると言われています。とはいえ、SOD酵素を含む食材は、大麦若葉や明日葉、ルイボスなどそれほど多くはありません。大麦若葉と明日葉を合わせた青汁もありますので、アンチエイジングケアのために青汁を飲みたいという方は是非チェックしてみてください。

また、大麦若葉に豊富に含まれる亜鉛は新陳代謝に欠かせないミネラル。不足すると、肌のターンオーバー機能が低下してしまいます。亜鉛と鉄分は健康で丈夫な毛髪をキープするのにも必要な成分。大麦若葉なら、美容に必要なミネラルをまとめて摂ることができます。

青汁に使われる大麦若葉のカロリーや成分について

桑の葉

酸化と並んでエイジングを加速させる現象が体内で起こる糖化です。糖化は体内でたんぱく質と糖が結びついて起こる現象。年齢とともに気になり始める肌のくすみは糖化によって肌のコラーゲンやケラチンといった成分が黄色く変色することで起こると考えられています。

糖化を完全に防ぐことは不可能ですが、少しでも糖化を起こりにくくすることができれば、エイジングのスピードを緩やかにすることにつながるのです。

桑の葉に含まれるDNJ(デオキシノジリマイシン)は糖質の吸収をゆるやかにし、血糖値の急上昇を押させて体内で起こる糖化を防ぐサポートをしてくれる成分。DNJを微量に含んでいる植物は他にもありますが、桑の葉のように豊富に含むものは他にありません。

お茶や青汁の原料で注目度UP!桑の葉の効能・成分

健康維持のために毎日飲むなら

野菜不足解消をはじめ、健康維持に青汁は効果的です。その中でも特に毎日補いたい栄養成分を含む原料があります。

ケール

青汁原料の定番中の定番、ケール。かつて青汁といえば、ケールのものしかなかった頃から健康維持のために愛飲しているという根強いファンが多い素材です。

ケールは食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富。特にβカロテンやルテインといった目の健康に欠かせない成分を摂ることができます。ルテインは加齢とともに進む黄斑変性症を防ぐために毎日、少しずつ摂りたい成分。またβカロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変わり、眼精疲労を予防するためにも役立ちます。

また、ケールは健やかな睡眠に欠かせないホルモンの一種、メラトニンやストレスをやわらげる作用のあるカルシウムやビタミンCなども豊富。その他にも免疫力のアップや生活習慣病の予防、毎朝のすっきり効果などさまざまな健康効果が期待できます。ケールの青汁は働き盛りの男性や仕事や家事、育児に忙しい女性にもオススメです。

元祖青汁ケールのカロリーや栄養成分について