ケール青汁ランキング!栄養、味、コスパで選ぶ

  • 原料にケールが使われている
  • ケールのおすすめの青汁
  • 味やコスパも知りたい

青汁の元祖といえるケールは、マグネシウム、カリウムなどのミネラル群が特に豊富でカルシウムは野菜の中でもトップクラスです。
緑黄色野菜なので、βカロテンやビタミンも摂取でき、目を保護する成分ルティンや良質な睡眠に必要とされるメラトニンなど、万能野菜として健康食材に利用されています。

ケールの味に独特の苦みやえぐみがあるので、生食には向いていませんし、調理をしてもケールの風味は残ります。
貴重な栄養を蓄える反面、アクの強いケールは、青汁など加工したものから摂るのが無理なく簡単です。

ケールが原料に使われた青汁の中から、栄養面はもちろん、実際に飲んでみた味や飲みやすさの感想を交えて、さらに価格や定期購入回数のコスパ面などをまとめて紹介しています。

[最終更新日]  [公開日] 2016/9/15

ケールの成分と効果

青汁の元祖といえるケールは、豊富な栄養素から緑黄色野菜の王様や、スーパーフードとも呼ばれています。

代表的な成分では抗酸化作用を持つクロロフィル、βカロテンはトマトの約5倍と豊富です。カリウムやマグネシウム、カルシウムなどのミネラル群もとても多いのが特徴です。

女性にうれしいのは美肌効果が期待できる点で、抗酸化効果の高いビタミンEやCも摂れるので、肌の新陳代謝を促し肌トラブルの改善に効果です。
食物繊維もレタスの約3.5倍とたっぷりなので、便秘による様々な悩みにもピッタリの成分です。

その他にも、目を保護するルティン+ビタミンAも含まれているので、眼精疲労にも効果的な成分や、現代人が不足しがちなビタミンB群も、野菜の中で多く摂ることができるのがケールです。

ケールが明日葉、大麦若葉と比較して違うところ

青汁にはケール以外に明日葉、大麦若葉が多く使われています。
比較してみると、ビタミンに関しては明日葉が全体的に多く、3つの原料で大きな差はありませんが、ケールはビタミンB6や葉酸はトップの数値です。

カルシウムは明日葉の約3倍、大麦若葉の約7.5倍と群を抜けて多く含まれています。
マグネシウムも1番多いので、3つの原料の中では主要ミネラルに強いのが大きな違いとなっています。

ケールの口コミランキング

ケール配合の青汁はどんな種類(形状)が販売されているのか

昔から健康食品としての知名度が高い青汁。もともと青汁の原料といえばケールが定番だっただけに、今も青汁を飲むなら、栄養価の高さで知られるケールを選びたいと考える方もいるのではないでしょうか。

現在、販売されているケールの青汁にはどのような形状があるのか詳しくチェックしていきましょう。

缶やペットボトルタイプもある!

ケール配合の青汁は人気が高いこともあり、缶やペットボトル、パックタイプなど、すぐに飲めて手軽に試せる形状のものが揃っています。

ペットボトルやパックはコンビニやスーパーで扱っているところがあり「今日のランチは野菜が足りなかったかな」と感じたときの栄養補給にも便利。栄養機能食品として認められているものもあります。

栄養機能食品とは、高齢化やライフスタイルの変化等により、通常の食生活を行うことが難しく1日に必要な栄養成分を取れない場合に、その補給・補完のために利用してもらうための食品です。 栄養機能食品の表示の対象となる栄養成分は、人間の生命活動に不可欠な栄養素で、科学的根拠が医学的・栄養学的に広く認められ確立されたものです。現在は、ミネラル5種類、ビタミン12種類について、規格基準が定められています。

食品衛生の窓:栄養機能食品について

ペットボトルや缶タイプは青汁やその他の野菜やくだものをピューレ状にすりつぶしたようなものが多く、飲みごたえもあります。

ゴクゴク飲むというより噛んで飲みたくなるようなタイプなので、好き嫌いが分かれるかもしれません。また、飲む前にはよく振って飲む必要があります。

ペットボトルや缶タイプは飲みやすくするために大麦若葉や抹茶など他の青汁の原料や野菜、くだものをプラスしているものも多いのでケール100%の青汁にこだわる方には向きません。

価格は240gのペットボトルで1本130~200円となり青汁のなかでは割高。野菜不足の気になる方が外出中に飲むのには適していますが、毎日続けたいという場合には負担が大きくなりそうです。

ケールの口コミランキング

冷凍タイプならケール100%の青汁が楽しめる

元祖青汁とも言えるのがケール100%の冷凍青汁です。

新鮮なケールをしぼりたてのままパックしているので、栄養が豊富であることはもちろん、本来のケールの味を楽しむことができます。

また、ケールの質が青汁の味にダイレクトに影響するので各メーカー、原料としての青汁の味や安全性、栄養価の高さなどにもこだわっているのが特徴。青汁を試すなら一度は飲んでみたいタイプです。

冷凍タイプは飲むまでに手間がかかるのが難点と言えるかもしれません。電子レンジや熱湯では加熱できないので、ぬるま湯の中でもむなどして解凍する必要があります。

外出先で飲むことも難しいでしょう。一度解凍したら、できるだけ早く飲まなければいけないので、少しずつ飲みたい方にも不向きです。

また、冷凍食品だけに通販で購入するとクール便の送料が必要になります。そのため、1回分あたりの価格が100~160円と割高に。スーパーでも取り扱っているところがありますが、限られているので入手しにくいのが実情のようです。

ケール100%の冷凍青汁はまずい!

ケール100%の冷凍青汁は、取れたてのケールの一番ピュアな状態を体内に摂り入れられますが、相応の覚悟が必要です。

ケールの最大にして唯一の難点は味にクセがあることで、生のケールは、はっきり言えば「まずい」ですし「青臭い」。
冷凍青汁も「生のケールの絞り汁」なので例外ではありません。

ケールを体験をした筆者の率直な感想ですが、ハリウッドセレブや健康志向の方は、生のケールをサラダやスムージーにしていますが、これは一般的ではありません。
特に青汁が初めての方は、粉末タイプやケール以外の原料がブレンドされた青汁をおすすめします。

ケールの口コミランキング

やっぱり便利なのは粉末タイプ

人気が高いケール配合の青汁ですが、もちろん便利な粉末タイプもあります。原料であるケールをフリーズドライ加工するなどして、栄養分を保ったまま加工しています。

また、食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌などの成分をプラスしてさらに栄養価を高めているものも。

粉末タイプはケール100%でも冷凍タイプと違ってえぐみや苦みが少なく、飲みやすく仕上げられています。ケールだけで作られているものから、大麦若葉などをプラスして飲みやすくしたものまで、原料のバリエーションも豊富です。

粉末タイプはなんといっても手軽に飲むことができるのが嬉しいポイント。スティックタイプに分包されているので、外出先にも持っていくことができます。

会社のデスクにストックしておいたり、出張先や旅行先に持っていったりすることも可能。野菜が不足しがちな海外旅行に必ず持参するという方も多いようです。

さらに粉末タイプは牛乳や豆乳に混ぜて飲むだけではなく、ヨーグルトにかけたり、ホットケーキやマフィンの生地に入れたりすることもできるので、青汁が苦手なお子さんや男性の野菜不足解消にもぴったりです。

初めてケールの青汁を飲むという方でもトライしやすいのではないでしょうか。価格も続けやすいものが多くなっています。

さっと飲めるサプリメントタイプも

ケールの苦みやえぐみが苦手で液体タイプはどうしても抵抗があるという方におすすめなのがサプリメントタイプです。1回分ずつ分包になっているものもあり、外出先に持って行くことも可能。

一人暮らしの男性など忙しい方やバランスの取れた食事を摂るのが難しい方でもサッと飲むだけで野菜不足が解消できます。

また、冷たい飲み物に溶かして飲むタイプの青汁は冷えが気になるという女性にも適しています。

粒状のサプリメントタイプならケール100%でもほとんど味を感じることなく飲み込むことができます。遠赤外線でケールを乾燥させて加工したものなどがありますが、1か月分8,000円前後と価格がやや高め。

また、1日当たり10粒程度が目安量となっていて、飲むのが面倒という声もあります。お子さんや高齢の方が飲む場合は多めの水分と一緒に摂るよう勧めてあげるなどの配慮が必要になりそうですね。

他の野菜や合成されたビタミン、ミネラルなどがプラスされているものは1日当たりの飲む量が少なくて済み、安価ですが、栄養価の含有量や吸収率は低くなります。

価格と質のバランスをチェックして選ぶようにしましょう。

サプリタイプは添加物の有無をチェック

サプリメントは添加物なしで作ることが難しい健康食品です。ケール配合の青汁サプリメントにも、吸湿を防ぐための微粒二酸化ケイ素や粉の流動性をあげるためのショ糖エステルといった最低限の添加物がプラスされているということも忘れないようにしましょう。

極端に価格の安いものは添加物ばかりで、肝心の栄養価が低いということも。サプリメントタイプのケールの青汁を探す場合、より品質にこだわったメーカーのものを選ぶ必要がありそうです。

世の中のサプリメントには、開発者の目線から見ると、「こんなに添加物を使わなくてもいいのに?」と、首を傾げたくなるような配合もあります。また、粒のカサを増やすだけの目的(増量剤)で、添加物を使っているメーカーもあり、粒の半分以上、場合によっては9割以上が添加物であるサプリメントもあります。

株式会社ヘルシーパス:栄養・サプリメントに関する情報

まとめ

まずい!というイメージが先行しがちなケールの青汁ですが、ペットボトルや缶タイプでは他の野菜やくだものをプラスして飲みやすくしているものが増えています。

定番のケール100%の青汁を試したいなら、粉末や冷凍タイプを。毎日、続けて飲みたいという方は粉末タイプやサプリメントタイプがおすすめです。

ケールが主原料の青汁口コミランキング

※ 口コミが一定数以上の青汁をランキングにしています。

1

ファンケル1食分のケール青汁(旧:本搾り青汁ベーシック)

株式会社ファンケル
満足度
3.6

34件

公式サイトはこちら

送料無料(ファンケル通販はじめての方限定)

780円1杯39円の通販限定価格!

原料がケール100%と王道の青汁です。化学農薬を使わない高品質なケールを、栄養価を壊さないように絞ったそのままのエキスが青汁になっています。1杯で食物繊維量が最大で1.8g、さらに1本で1食分の緑黄色野菜量、カルシウムも効率的に補える青汁です。

編集部の感想

甘味料や香料で味の調整はされていないので、ケールの風味はストレートです。飲みやすく工夫はされていますが、独特のクセや風味はそのままで、人によっては豆乳などでアレンジが必要かもしれません。 *本商品は2018年10月18日に1食分のケール青汁(旧:本搾り青汁ベーシック)にリニューアルされましたが、植物性ツイントース(オリゴ糖)が原料からなくなった以外にほぼ変わりありません。

編集部がファンケル1食分のケール青汁(旧:本搾り青汁ベーシック)をレビュー

価格お試し722円 1杯:36円
送料送料無料(ファンケル通販はじめての方限定)
定期しばり-
原料

ケール(国内産)、でんぷん分解物、難消化性デキストリン(食物繊維)

成分

1包3.4gあたり:エネルギー:11kcal、食物繊維:0.46g、食塩相当量:0.03g、カリウム:96mg、カルシウム:44mg、マグネシウム:9.4mg、鉄:0.08mg、ビタミンC:63mg、ビタミンE:0.24mg、ビタミンK:45μg、葉酸:27μg、ベータカロテン:435μg、総クロロフィル:6.7mg、SOD様活性:27000単位、ルテイン:0.64mg ※推定量

※ 金額は税抜きです。(税込表記がない場合)

ファンケル1食分のケール青汁(旧:本搾り青汁ベーシック)みんなの口コミ

murakamiさんID:806f2bfb
男性40代
満足度
5.0
飲みやすさ
4.0
価格
4.0
安心感
4.0

健康ダイエット便秘

40歳はまだまだ若いと過信していましたが、健康診断の結果で確実に年を重ねていることに気づかされました。野菜が多い食事を心がけるようにしましたが、野菜の一日の推奨量350gを食べるのが案外難しく、そのサポートにとファンケルの青汁を飲み始めました。朝一杯、夕食前に一杯飲んでいます。少しずつ増えていた体重が青汁を飲み始めてから増えなくなり、メタボ体形に近づきつつあったウエストも少しスッキリしてきました。肥満は生活習慣病につながるので、体重が増えなくなっただけでもありがたいですね。もともと便秘はしない方ですが、より快便になったのでそのおかげかもしれません。

2017年9月23日

参考になった

23人が役に立ったと回答

mi-wa-tangさんID:29f55448
女性30代
満足度
1.0
飲みやすさ
1.0
価格
4.0
安心感
4.0

便秘

何種類か飲んでみた中で一番おいしくなかったです。。。その内慣れるかなぁと思って毎日飲みましたが結局不味いままでした。お通じは良くなったのでもう少し飲みやすければ続けたかったです。牛乳、豆乳で割ると飲みやすくなると書いてありますが、両方苦手です。。。

2017年11月16日

参考になった

16人が役に立ったと回答

2

健康道場 粉末青汁

サンスター株式会社
満足度
3.5

36件

公式サイトはこちら

送料無料、電動クリーマー付き

4500円+税

一般的な青汁の約2.5倍相当の野菜量が凝縮されたサンスターの粉末青汁は、ブロッコリーの次にケールが原料として多く含まれています。青汁で定番の大麦若葉や明日葉もしっかり配合された国産野菜5種で、栄養バランスも考えられています。

編集部の感想

野菜濃度に比例するように色も濃い目。完全無添加なので野菜そのままの味です。風味はキャベツの絞り汁そのままといった感じで初心者や野菜嫌いの方には厳しいかも。豆乳割りなどアレンジしだいでマイルドに飲みやすくなります。

編集部が健康道場 粉末青汁をレビュー

価格単品:4500円 1杯:150円~
送料無料
定期しばり制限なし
原料

ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ

成分

1包10gあたり:エネルギー:30kcal、たんぱく質:1.5~3.5g、脂質:0.3~0.9g、糖質:2.7g、食物繊維:3.6g、ナトリウム:0~100mg、カリウム:250mg、ビタミンK:180µg、ショ糖:0.4~1.1g【その他に含まれる成分】カルシウム、マグネシウム、鉄、β-カロテン、葉酸、ビタミンC

※ 金額は税抜きです。(税込表記がない場合)

健康道場 粉末青汁みんなの口コミ

マチルダさんID:7d2775b7
女性30代
満足度
5.0
飲みやすさ
3.0
価格
3.0
安心感
5.0

安心

飲みやすいと思う青汁は原材料名に添加物がズラズラっと並んでいますが、この青汁の原材料は5種類の野菜のみ!その分少し飲みにくさはありますが、安心して飲めることに勝るものはないと思います。

2017年7月21日

参考になった

29人が役に立ったと回答

想像以上に。。。さんID:a56f8662
女性30代
満足度
1.0
飲みやすさ
-
価格
1.0
安心感
3.0

青汁は美味しくないものと覚悟していましたが想像を超える不味さでびっくり。子供も飲めるってホント??

2018年1月02日

参考になった

15人が役に立ったと回答

3

ステラの贅沢青汁

ステラ漢方株式会社
満足度
3.2

15件

公式サイトはこちら

定期縛りなし!送料無料

980円 〜

主原料の1つにケールが含まれる青汁サプリです。ケール以外にも栄養は豊富だけど味や香りにクセがあるボタンボウフウやクロレラを配合。味よりも栄養価を重視した濃縮タイプ。賦形剤を使っていない無添加のサプリです。

編集部の感想

賦形剤(ふけいざい)を使わずにクロレラの粘りを利用して固めています。崩れやすいとはありますが持ち運びに問題ない程度。味よりも栄養価重視の配合ですが、タブレットなので味はほとんど気になりません。

編集部がステラの贅沢青汁をレビュー

価格定期:908円 → 4743円 1杯:30円~158円/ 3粒目安
送料無料
定期しばり制限なし
原料

クロレラ、ケール、ボタンボウフウ(長命草)粉末

成分

標準100g当たり(日本食品分析センター調べ):エネルギー:404kcal、タンパク質55.3g、脂質10.9g、炭水化物21.2g、ナトリウム28.9mg、ビタミンK708μg

※ 金額は税抜きです。(税込表記がない場合)

ステラの贅沢青汁みんなの口コミ

もちっぱさんID:c4a28197
女性30代
満足度
5.0
飲みやすさ
5.0
価格
4.0
安心感
5.0

サプリ栄養ダイエット美容

青汁サプリの中でも素材が一番良いように思いました。むくみやすいので、よく体がどんよりしていたのですが、ステラの贅沢青汁を飲み始めてからあまり気にならなくなりました。お肌も心なしかきめ細かくなっているような…。体の老廃物がうまくデトックスできてるのかもしれません。

2018年3月11日

参考になった

8人が役に立ったと回答

mk2000さんID:050c031b
女性20代
満足度
2.0
飲みやすさ
4.0
価格
3.0
安心感
4.0

サプリ

青汁の味が苦手なのでサプリならと思ったのですが、効果は「粉末>サプリ」でした。やっぱり野菜の量が違うんですかね?

2018年5月07日

参考になった

2人が役に立ったと回答

4

酵素青汁111選セサミンプラス

株式会社ミーロード
満足度
3.2

15件

公式サイトはこちら

定期縛り4回、送料無料

500円 ~

粒タイプの青汁です。栄養豊富なケールやアミノ酸が豊富なモリンガを主原料に、酵素やスピルリナなど幅広い原料が使われています。1日の目安量2粒で通常の青汁37.8杯に相当する栄養素が濃縮されています。

編集部の感想

粉末とは違って味への影響が少なく素材の配合が比較的自由です。見た目は薄い緑色の粒で少し青臭い印象ですが、一瞬なので飲むのに苦労しません。初回はワンコインではじめやすいですが、最低利用が4回からと継続が前提になっています。

編集部が酵素青汁111選セサミンプラスをレビュー

価格定期:463円 → 2750円 1杯:15円~91円/ 2粒目安
送料無料
定期しばり4回の利用が必要
原料

モリンガ末、ケール粉末、植物発酵エキス末(黒糖、葉菜類、果実類、根菜類、イモ類、野草類、キノコ類、海藻類など)、スピルリナ、ボタンボウフウ末、日本山人参末、明日葉末、結晶セルロース、ビタミンC、グルコン酸亜鉛、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅、ビタミンB1、葉酸

成分

2粒(500mgあたり):エネルギー:1.85kcal、たんぱく質:0.04g、脂質:0.02g、炭水化物:0.36g、ナトリウム:0.60mg、ビタミンB1:0.38mg、ビタミンC:31.0mg、葉酸:100μg、亜鉛:2.62mg、鉄:2.63mg、銅:0.22mg、セサミン:10.8mg

※ 金額は税抜きです。(税込表記がない場合)

酵素青汁111選セサミンプラスみんなの口コミ

びぃだまさんID:6dac6f71
女性30代
満足度
5.0
飲みやすさ
4.0
価格
4.0
安心感
4.0

サプリダイエット便秘栄養価格

ダイエット中に栄養不足にならないために、青汁を探していましたが、青汁の味が気になるのでサプリメントがいいかなと思い、改めて青汁サプリを探していたところ、ダイエット向きの青汁サプリ発見!酵素も入ってる!値段も安い!と即、酵素青汁111選セサミンプラスを購入しました(笑)。アミノ酸が豊富なようなので運動前に飲んでいます。そのおかげか4ヶ月で体脂肪が5%も減りました!体重は3キロ減(筋肉がついたせいか見た目はもっと痩せたように感じます)。ダイエット中も体調を崩すことなく、便秘もなく過ごせているので青汁と酵素の効果もしっかりあるかなと思います。50キロ切れるまで頑張ります。

2018年1月14日

参考になった

9人が役に立ったと回答

食べすぎ注意さんID:c160ac61
女性20代
満足度
2.0
飲みやすさ
4.0
価格
4.0
安心感
4.0

ダイエット

食べ過ぎたときにピッタリ、と書いてあったので期待しましたが、食べ過ぎたら普通に太りました(笑)あくまでもダイエット時の栄養サポートとして飲まないとだめですね。

2018年4月01日

参考になった

2人が役に立ったと回答