青汁で便秘解消!状況にあった効果的な飲み方

[最終更新日]  [公開日] 2016/10/5

記事のポイント

青汁の栄養素のなかでも、食物繊維はとても豊富。

便秘解消のために青汁を選ぶ人も多いのですが、どうせ飲むなら最大限の効果的を引き出したいですね。

便秘解消にはいつ飲むといいのか、どんな食材と一緒に飲むといいのかをまとめました。

これで毎朝スッキリしましょう。

青汁を飲んで多くの人が感じる効果は「便秘解消」

野菜不足による便秘解消にテキメン!

ほとんどの女性の便秘原因は、野菜不足です。

野菜不足でなぜ便秘になるのかといえば、食物繊維が不足して便のカサが増えず、腸のぜん動運動が弱くなるからです。

これは弛緩性(しかんせい)便秘と呼ばれるタイプで、野菜不足のほか急激なダイエットで食事量を減らしすぎることも原因になります。

青汁は野菜のしぼり汁ですから、野菜不足にはとても効果があります。

食物繊維もたくさん含まれ、各種ビタミンやミネラルもしっかりとれます。

そのうえカロリーは控えめなので、ダイエットで便秘になっている女性にはとってもおすすめです。

便秘解消を狙うなら、青汁を飲むベストタイミングは1日2回。

就寝前に1杯、朝食の前に1杯飲むとお通じがつきやすくなります。

女性特有の便秘にもおすすめ

女性は体の構造上、男性よりも便秘になりやすい。

女性ホルモンには、生理~排卵日に増えるエストロゲンと排卵日~生理までに増えるプロゲステロンがあり、生理前に増えるプロゲステロンは胃腸の筋肉の動きを鈍くさせます。

そのため生理前に便秘になる人が多いのです。

ホルモン分泌を促進させるには毎日の食事が大事です。

とくに大麦若葉や明日葉の青汁に含まれるビタミンB6とビタミンEは女性ホルモン分泌に効果が高いといわれます。

生理前に限らず、妊娠中・授乳中の便秘もホルモンの乱れが原因ですから、青汁でバランスを整えるのが効果的です。

ただし青汁の中には、「妊娠中・授乳中は控えてください」と記載してあるものもあります。

妊婦さんOKの青汁を選びましょう。

妊娠中、授乳中に安心して飲める安全性の高い青汁ランキング

野菜嫌いの幼児、お子様の便秘にもおすすめ

最近は子供の便秘が増えていて、原因のひとつが野菜不足。

ママが工夫して野菜料理を作っても、子供はイヤと思ったら食べてくれません。

その結果食物繊維が不足してウンチはコロコロ。

しかし子供が嫌がるものを無理に食べさせるのは逆効果です。

そこで青汁がおすすめ。

昔と違って青汁の味がとてもよくなっているので子供でも抵抗なく飲めます。

最近は子供用の青汁も販売されていて、フルーツ青汁やバナナ青汁などどれもジュースのようなおいしさです。

原材料にオリゴ糖を含むものもあり、より便秘に効果があるよう工夫がされています。

飲む青汁は基本的にはどれでもいいのですが、できれば公式サイトや商品パッケージに幼児が飲んでもOKと記載されているものを選びましょう。

子供・幼児におすすめの青汁ランキング

腸内環境が良くなるとこんなに嬉しい美容・健康効果も

体に有益な栄養の吸収が良くなる

人間は食べたものの栄養を腸で吸収しています。

そのときに役に立つのが有用菌(善玉菌)です。

乳酸菌や納豆菌のことで、善玉菌が腸内で働いて栄養素を体に吸収されやすいレベルに分解します。

だから善玉菌が多い腸では、栄養素が無駄なく吸収されていくのです。

反対に悪玉菌が多い状態だと有益な栄養素はあまり吸収されず、そのまま体外に出されてしまいます。

これを防ぐためには、水溶性の食物繊維をたっぷりとることです。

食物繊維は腸に入って善玉菌のえさになり働きをサポートします。

善玉菌は増えて腸内環境がよくなるという流れなのです。

青汁には水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれるので、腸の働きがよくなり、次第に体調がよくなる人が多いのです。

関連:青汁で便秘が治らない?食物繊維の摂り方に注意

ツルツル美肌にも繋がる

腸内環境は美肌とも密接につながっています。

腸内に悪玉菌が増えてしまうと、悪玉菌がタンパク質を分解して有害物質を作ります。

しかも腸内環境が悪化していると便がきれいに排出されず、有害物質も長い時間、腸にとどまっていることになります。

その結果、有害物質が血液中に入って全身に悪影響をおよぼすのです。

腸の働きも悪くなり、免疫機能も低下しますから、ウィルスに感染しやすくなりますし、お肌の新陳代謝もスムーズにいきません。

吹き出物ができたり、シミができやすくなったりします。

悪玉菌を増やさないためには、善玉菌を増やすことが一番です。

腸内にある善玉菌を元気にするには、発酵食品やビタミンCを豊富に含む青汁が効果的。

最近では乳酸菌入りの青汁もありますから、より美肌効果がありそうですね。

便秘解消効果を高める飲み方は?飲むタイミング・飲む時間を意識しよう

便秘解消のために青汁を飲むのなら、朝起きてすぐ飲むのがベストタイミングです。

青汁に含まれている不溶性食物繊維は腸で便のカサを増やして、ぜん動運動を促す働きがあります。

これをもっとも効果的に引き出すのが朝食前の青汁です。

朝一番は体がまだ目覚めていない状態。

そんなときにとりあえず1杯の水を飲むと、腸への刺激になり活発に動き始めます。

水の代わりに青汁を飲めばより便秘に効果的ですね。

青汁を溶かすのは水でもいいですし、冷え症の人はぬるま湯(37~40℃)で作っても効果は変わりません。

これは赤ちゃんのミルクを作るのと同じ温度で、腸には適度な刺激になりますが体を冷やすことはありません。

ストレス性の便秘に悩んでいる人も、ぬるま湯のほうが自然なお通じがつきやすい温度です。

頑固な便秘にはさらに腸に良い食材をプラスしよう

便秘のために毎日ちゃんと青汁を飲んでいるのに、なかなか効果を実感できない。

そんな時は、腸内環境をよりよくするための食材を青汁にプラスしてみましょう。

腸内の善玉菌を増やすためには、善玉菌のえさになるものを食べるといいですね。

たとえば発酵食品であるヨーグルトやチーズです。

青汁とヨーグルトは非常に相性がよく、カロリーが低くて腹もちがいいのでダイエット中の人におすすめ。

プレーンヨーグルトに粉末の青汁を直接いれて、混ぜるだけなので手軽です。

飲む青汁に液状のオリゴ糖や蜂蜜をいれるのもおすすめです。

オリゴ糖は善玉菌であるビフィズス菌のえさですから、毎日継続的にとりたいですね。

蜂蜜にはオリゴ糖とグルコン酸が含まれ、グルコン酸もビフィズス菌を増やす働きがあります。

便秘解消効果が高い青汁は?

たいていの青汁には食物繊維が豊富に含まれているので、どれを飲んでも便秘解消効果は期待できます。

しかし特に効果が高いといわれるのが、明日葉や大麦若葉の青汁です。

これらは青汁の原料に良く使われますが、食物繊維はもちろん栄養が全体的に豊富なのも理由の1つです。

食物繊維の多い野菜
野菜(生)食物繊維/100g中 ※1
ごぼう5.7g
モロヘイヤ5.9g
明日葉5.6g
しいたけ4.4g
大麦若葉 ※24.0g
ケール3.7g
さつまいも(皮付)2.8g
キャベツ1.8g
バナナ1.1g

※1 文部科学省の日本食品標準成分表を参考にしています。
文部科学省:日本食品標準成分表・資源に関する取組
※2 大麦若葉に該当するデータがないため「山本漢方製薬の大麦若葉粉末」の成分表を参考に算出しました。 生と粉末での違いなど参考値としてご判断ください。

明日葉は抗酸化作用があるカルコンで有名です。

食物繊維もたっぷりで、素材として使用されるのは茎の部分になりますが、葉や根も使った贅沢な青汁もあります。

カリウムも豊富なので、むくみ改善にも効果的です。

明日葉が原料の青汁ランキング

大麦若葉は植物の大麦が穂をつける前の若葉です。

食物繊維や三大栄養素を含み栄養バランスに優れます。

特に鉄分が豊富に含まれています。

大麦若葉が原料の青汁ランキング

その他には、クマザサが使われている青汁も食物繊維が多く含まれています。

クマザサはイネ科の植物で、食物繊維が全体の約70パーセントを占め、これまでは食物繊維が硬すぎて加工しにくかったのですが、最近では飲みやすい青汁になりました。

他の青汁で便秘に効果がなかったという人は、今回ご紹介した青汁を試してみてください。

最近では寒天で作られたまるごと食物繊維の青汁ゼリーもあり、おいしく続けられるのでおすすめです。

公式サイトはこちら

定期縛り3回、送料無料

2000円+税 〜


青汁の健康効果が高いのは分かっていても、これほどの食物繊維が含まれているとは驚きですね。

毎日飲んで便秘が解消したという口コミはとても多く、便秘がよくなって肌になった、お腹の張りもなくなったと、便秘解消以外の効果もあるようです。

たかが便秘と思わずに、朝の青汁で無理なくスッキリしましょう。

便秘解消・予防に!腸内を整えるおすすめ青汁