青汁でむくみ予防・改善!効果的な成分を摂るには原料に注目

[最終更新日]  [公開日] 2016/10/5

記事のポイント

夕方になると脚がパンパンにむくんでブーツのチャックがあがらない。そんな多くの女性が悩んだ経験がある「むくみ」。青汁でむくみを予防・改善することができます。むくみが気になる方のための青汁選びのポイント、効果的な成分が摂れる青汁などを紹介しています。

むくみを解消する成分

むくみを解消する成分から確認していきます。体がむくむのは何らかの原因で体内に余分な水分が溜まることで起こりますが、この余分な水分を排出しやすくする成分が効果的です。

カリウム

ミネラルの一種であるカリウムには塩分に含まれるナトリウムと合わせて体内で常に一定の濃度が保たれています。しかし、食事から摂取するカリウムの量が少なかったり、塩分の摂りすぎでナトリウムの濃度が濃くなったりすると、体はナトリウムの濃度を下げるために水分を溜め込んでしまうのです。

カリウムは昆布やわかめ、ひじきといった海藻類や抹茶、プルーンなどに含まれています。むくみが気になる方は普段の食事で意識してカリウムをとるようにしてみましょう。カリウムは青汁の原料である大麦若葉やケール、明日葉にも豊富に含まれています。

/100gカリウム
大麦若葉 生320mg
あしたば 茎葉 生540mg
ケール 葉 生420mg

青汁の原料では明日葉がむくみに効果的

青汁の原料では、大麦若葉やケールが有名ですが、その中でも明日葉がむくみに効果的な成分を持っています。「今日、摘んでも明日また生えてくる」と言われるほど、生命力の強い明日葉。茎をカットすると黄色いネバネバした液体が出てきます。この液体に含まれるのがポリフェノールの一種、カルコンです。

カルコンにはポリフェノールとしての抗酸化作用のほか、体内の老廃物を排出しやすくして、むくみを軽減してくれる作用があると言われています。

カルコンとカリウムが合わせて摂れる明日葉の青汁はむくみが気になる方に最適の青汁と言えるでしょう。

明日葉を主原料とした青汁

むくみが気になる女性の間で口コミ人気が高いのが、マイケアの「ふるさと青汁」です。八丈島の豊かな土壌だからできた良質の明日葉を根から葉まで丸ごと使用したのがこの青汁。特に根の部分には豊富な食物繊維と健康成分LPSが含まれています。

原料が明日葉中心の青汁は多くはありません。数が少ないうえに、ふるさと青汁は根っこや茎など明日葉をまるごと使用したとても希少な青汁です。

ふるさと青汁を飲んだ口コミの中には「夕方パンパンだったのがすっきりした」「便秘が改善されて、体が軽くなった」などの声も多く在ります。むくみは放置するとセルライトや下半身太りにもつながるので、ダイエット中の女性にもオススメしたい青汁です。

公式サイトはこちら

また、ふるさと青汁はマタニティマークと合わせたタイアップ広告を出していることでも知られています。妊娠中は便秘やむくみが気になるという方も多いのでは?明日葉のほか、ビタミンやミネラルが豊富な桑の葉や大麦若葉を使用しているため、栄養バランスが気になる妊婦さんにも最適。

毎朝、すっきりしない妊婦さんは、かかりつけのお医者さんに相談しながら、ふるさと青汁を飲んでみてはいかがでしょうか。

定期購入なら2週間分の14包も付いてきて、1杯あたり78円(税別)とかなり安い価格帯です。定期購入には利用回数の制限はありませんし、全額返金保証付きですので安心して利用できるのもいいですね。

公式サイトはこちら

定期縛りなし!2箱以上で送料無料

3420円+税いまなら14包のサンプル付き

*ふるさと青汁はビタミンKやカリウムが含まれているため、血栓をできにくくするお薬であるワーファリンを内服している方は飲むことができません。その他に持病を治療中の方は必ず医師に相談してから青汁を飲み始めるようにしてください。

明日葉が原料の青汁もまとめています

むくみが起こる原因

顔や脚のむくみが起こる原因はいくつかありますが、日常生活での中でも気を付けられれば、よりむくみの予防に効果的です。

塩分、水分の摂りすぎ

味の濃いもの、塩辛いものを食べ過ぎると体は体内の塩分濃度を一定に保とうとして、水分を溜め込む性質があります。むくみやすい方は薄味を心がけ、ラーメンのスープやおそばの汁などは残した方がいいでしょう。

冷えや運動不足などによる血行不良

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、血液を循環させる役割を持っています。しかし、冷えや運動不足などによって筋肉が衰えると、血液を循環させる力も弱まり、むくみが起こりやすくなるのです。

長時間、同じ姿勢でいること

立ち仕事をしている方や長時間のデスクワークで座りっぱなし…という人も脚がよくむくむと言われます。長時間、座ったまま、あるいは立ったままでいると血液は足に溜まりやすくなります。すると脚の静脈の圧が上昇し、血管内から余分な水分が押し出されて脚のむくむにつながるからです。

下肢の静脈の血液は、重力に逆らって心臓に向かい流れていきます。これを静脈還流と呼びます。その血流を助けるために静脈には逆流を防止する弁が備わっています。さらに足の筋肉による筋ポンプ作用によって血流が促されます。 しかし、立ったままや座ったままの姿勢が長く続くと、足の筋ポンプの機能が低下し、心臓に向かって流れる血液が停滞します。下肢で静脈還流が滞ると、下肢静脈内の圧力が上昇し、血管に炎症が起こり、血管内から血管外へ血液の血漿成分(水分)が浸み出て、細胞外に水分が貯留します。これが、下肢のむくみの原因となります。

エスエス製薬:足のむくみの原因とメカニズム

日常生活に気を付けながら、むくみの予防に効果的な栄養素を持つ明日葉の青汁を補助的に飲むのが理想ですね。明日葉には食物繊維やビタミン類なども豊富で野菜不足の改善にも効果的です。すっきりとした毎日と健康維持にもおすすめです。

ふるさと青汁公式サイト

ふるさと青汁の体験談