大人ニキビ改善におすすめの青汁の成分!肌荒れに合わせた選び方

[最終更新日]  [公開日] 2017/5/5

記事のポイント

ビタミンや抗酸化成分など、美肌に効果のある成分を豊富に含む青汁。ニキビをはじめとする肌トラブル、肌荒れの改善にも役立つと言われています。

ニキビや肌荒れに特におすすめしたい青汁のタイプやおすすめの飲み方を紹介していきます。

まずはニキビの原因をおさらいしておこう

ニキビは大きく分けて以下の2種類があります。ニキビのタイプを見極めて適切なケアをする必要があります。

思春期ニキビ

成長ホルモンの影響や過剰な皮脂分泌、間違ったお手入れなどによるもの。20歳を過ぎると自然によくなっていくことが多いが、赤みのあるニキビ跡が残ることもあるので、正しい治療が必要です。

大人ニキビ

ストレスや加齢、不規則な生活やホルモンの関係などがさまざまな要因が考えられます。Uゾーンなどのあごの周辺や首筋にでき、治りにくいのが特徴です。

ニキビや肌荒れ、悩みごとにチェックしたい青汁の成分

活性酸素を除去するSOD酵素を含む青汁

大麦若葉にはSOD酵素明日葉にはカルコン(ポリフェノールの一種)と呼ばれる高い抗酸化作用のある成分が含まれています。さまざまな原因によって体内で発生する活性酸素は、ニキビや肌荒れ、脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎といった肌トラブルを引き起こすと言われています。

本来、活性酸素は体を守る働きを持っているのですが、紫外線やストレス、食品添加物、不規則な生活などによってその量が過剰になると体に悪影響与えることに。

また、活性酸素が大量に発生すると炎症が長引いたり、ニキビ跡が肌に残りやすくなったりします。赤みのあるニキビを改善するには活性酸素の除去がカギとなるのです。

活性酸素は体の脂と結びつき、過酸化脂質となり、それによって、シミ、しわ、ニキビ、くすみ、乾燥と言ったような女性の大敵”老化”の原因のひとつになります。

銀座ケイスキンクリニック:活性酸素

ビタミンCやE、ポリフェノールなど抗酸化成分はたくさんありますが、中でも抗酸化作用が高いのがSOD酵素。ニキビや肌荒れはもちろん、シミやくすみの改善にも効果を発揮してくれます。

SOD酵素には肌の新陳代謝を高めてくれる作用もあるため、ニキビ跡の色素沈着を含む古い角質がはがれ落ちやすくなります。

SOD酵素が摂れる大麦若葉の青汁ランキング

新陳代謝に欠かせないミネラルもとれる青汁

地味な存在であるものの、美肌に欠かせない成分として欠かせないのが亜鉛や鉄分といったミネラルです。ニキビやニキビ跡の改善には新陳代謝機能を正常化させることも大切なんです。

亜鉛は肌の新陳代謝に欠かせない成分で肌のモトとなるたんぱく質の合成にも関与しています。

コラーゲンの生成にビタミンCが必要ということはよく知られるようになりましたが、実は鉄分もコラーゲンの生成に欠かせない成分です。これらのミネラルはケールや大麦若葉、明日葉といった多くの青汁の原料にバランスよく含まれています。

ケール配合の青汁で美容に良い成分と効果

皮脂の分泌を抑えるビタミンBや新陳代謝を促すビタミンAも

ビタミンについてはどうでしょうか。思春期のにきびは皮脂の分泌が過剰になることで悪化する症状です。

青汁の原料に含まれるビタミンB2やB6には皮脂の分泌を抑制して肌のべたつきを抑えてくれる効果があります。

また、ビタミンAには毛穴つまりの改善、肌の新陳代謝促進、保湿といった美肌効果があります。ニキビ跡による色素沈着を改善してくれるビタミンCも合わせて摂ることができれば完璧でしょう。

これらのビタミンの含有量を重視して選ぶなら、ケールや明日葉の青汁がおすすめです。

/100g中大麦若葉 ※あしたばケール
ビタミンA5300mg2900mg
ビタミンB20.14mg0.24mg0.15mg
ビタミンB60.05mg0.16mg0.16mg
ビタミンC7mg41mg81mg
ビタミンE2.6mg2.4mg

※ 粉末10g換算で計算

緑黄色野菜の王様ケール青汁ランキング

抗酸化成分が豊富な明日葉の青汁ランキング

便秘の解消や腸内環境改善のための青汁

乳酸菌たっぷりトクホのピルクルで割ってみました

肌荒れやニキビと便秘には密接な関係があります。便秘が続くと、体内に毒素がたまり、血液や酸素によって体中に運ばれるため肌荒れやニキビの原因となることも。

さらに便秘によって腸内環境が悪化すると肌の新陳代謝が低下することも分かっています。

便秘の改善には腸内の善玉菌のエサとなる食物繊維や乳酸菌の摂取が有効。青汁はどの原料でも食物繊維が豊富ですが、1歩進んで腸からキレイになりたい人は乳酸菌をプラスした青汁を選んでみてはいかがでしょうか。

腸内を整える乳酸菌・オリゴ糖配合の青汁

ニキビ改善におすすめの青汁レシピ

豆乳で大人ニキビとストレス対策

豆乳や青汁を飲みやすくする「味」の相乗効果だけではありません。

ストレスや加齢などで男性ホルモンが増えることによってできる頑固な大人ニキビに悩んでいる方は、青汁に女性ホルモンに似た作用をもつ大豆イソフラボンを摂ることができる豆乳をプラスしてみましょう。

また、大人ニキビはストレスによって悪化しますが、豆乳に含まれるマグネシウムやカルシウムトリプトファンはストレスを和らげてくれます。便秘が気になる方はオリゴ糖を加えてもいいでしょう。

青汁と豆乳の相乗効果とは

続けて飲むなら果汁100%のジュース割りも

美肌のためには毎日、続けて青汁を飲むことが大切。自分の好きな野菜ジュースや100%果汁のジュースと合わせてみてもいいでしょう。豆乳よりも飲みやすい味になるので人気が高い飲み方です。

炎症のあるニキビは皮膚科の診察を受けよう

ニキビの改善にはスキンケアや食生活、生活習慣の見直しが大切。でも、赤く炎症を起こしたニキビや化膿したニキビができている場合、まずは皮膚科の診察を受けるようにしましょう。

ニキビは長引かせると跡に残りやすくなってしまうもの。白ニキビのうちに治すのがベストですが、悪化したら速やかに医師の診察を受けるようにしてくださいね。