不衛生で危険!青汁のシェーカー代わりに使用済みペットボトルはNG

[公開日]

記事のポイント

外で粉末タイプの青汁を飲むときやシェーカーが手元にないときなど、空いているペットボトルに粉末と水を入れて振ってから飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。ですが、この方法は衛星面から考えるとあまりおすすめできません。

使用済のペットボトルを再利用しないほうがいい理由、そして青汁を上手に溶かして飲むための代替アイデアについて考えていきます。

ペットボトルは再利用できない

ペットボトルはもともと1回のみの使用を想定して作られています。サントリーではペットボトルの再利用について以下のように注意を促しています。

ペットボトルは、中味をお手元までお届けし、お召し上がりいただくまでの1回使用を目的として設計されています。また、ペットボトルのPETという素材は熱に弱く、熱消毒ができませんので、衛生面や耐久性の問題から、再利用はお勧めしておりません。下記のような再利用はしないようご注意ください。

・水筒代わりに使用しない
・熱いものを入れない
・凍らせない
・飲料以外のものを入れない

サントリーお客様センターQ&A:中味が空になったペットボトルは再利用してもいいのでしょうか?

雑菌が繁殖しやすい!

ペットボトルから飲み物を飲むとき、ほとんどの人が直接口をつけて飲んでいるのではないでしょうか。口をつけて飲めば、当然微量ながら唾液がボトルの中に入り、雑菌が繁殖します。

さらにボトルの口の部分は小さく加工されているので中をキレイに洗うことができません。「もともと入っていたのはミネラルウォーターだし、ゆすげば大丈夫」と思っていても、唾液に含まれる雑菌が残っている可能性があります。

何回か再利用しているうちにボトルの中に白いカビが浮かんでいるのに気づいたという人も。特に春から夏にかけては食中毒の原因にもなりかねないので、ペットボトルを水筒代わりに再利用するのは避けるようにしましょう。

シェーカーとして代用できるもの

多くのメーカーでは初回購入時にシェーカーを付属品としてつけているため、シェーカーを利用しているという方も多いかもしれません。

各メーカー、溶けやすさを考慮した加工方法で粉末化していますが、シェーカーを使わずコップに入れてかき混ぜる方法ではなかなか上手に溶かすことができませんよね。

ではシェーカーがないときの粉末青汁の飲み方をいくつかあげてみましょう。

ステンレス製の水筒を利用する

ステンレス製の水筒なら、中身をきちんと洗うことができます。食洗器にかけたり、熱湯で消毒することもできるので、衛生面でも安心です。

空き瓶を利用する

「家で青汁を飲もうと思ったけれど、シェーカーがない!」そんなときはジャムなどが入っていた空き瓶がないか探してみましょう。

100円均一で売られている瓶やメイソンジャーのようなボトルを利用してみても。使用後はお湯で洗ってきれいに乾燥させるようにしてくださいね。

ミネラルウォーターのペットボトルを購入する

粉末青汁1杯分に必要な水の量は100~180ml程度。ペットボトルのミネラルウォーターを青汁に必要な分だけ残しておいて、青汁を溶かすのにちょうどいい量になったら、粉末を入れてフタをきつく閉め、シャカシャカ振って飲むという方法があります。

小さめの330mlのペットボトルの半分くらいか、500mlのペットボトルの3分の1ぐらいが目安となります。できればミネラルウォーターをそのままで飲むときはグラスに開けるなどして、直接ボトルに口をつけないようにします。

青汁を入れて、振ったら時間を置かないようにし、作った青汁はその日のうちに飲むようにしましょう。飲んだあとはさっとペットボトルを水でゆすいでから廃棄します。

青汁のシェーカー、メリット・デメリット!代用品で気を付けるところ

シェーカーが付属してくる青汁を選ぶ

代わりになるものはいくつかありますが、やはり使いやすさや洗いやすさを考えるとシェーカーを使用するのがベスト。これから青汁の購入を考えている方は、シェーカーが付属する商品を選んでみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

定期縛りなし!送料無料

3240円+税 ~《 広告をご覧の方に10%増量パックプレゼント 》