実は万能選手だった!ユーグレナ(ミドリムシ)の効果とは

[公開日]

記事のポイント

近年、その栄養素の高さに注目が集まっている素材といえば、ユーグレナ(ミドリムシ)です。ミドリムシというと虫を想像してしまう方もいるかもしれませんが、ユーグレナとはわかめや昆布などと同じ藻の一種。太陽光、水、二酸化炭素があれば比較的簡単に培養できるところはクロレラと似ていますが、最大の違いはユーグレナが光合成によって増殖する植物性の性質と、細胞を変形させることで自ら移動するという動物性の性質を合わせ持っているところでしょう。では、ここでユーグレナの効果について詳しく解説していきましょう。

魚?野菜?50種類以上もの栄養素を持つユーグレナ

ユーグレナには14種類のビタミン、鉄・亜鉛・マグネシウム・カリウムなどの9種類のミネラル、体内で合成できない必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸の他に、イワシやサンマなどに含まれている不飽和脂肪酸であるDHAやEPA、オレイン酸、リノール酸なども含まれています。

植物性と動物性の性質を持ち合わせているだけに、ユーグレナなら栄養素も野菜に含まれているものと魚に含まれているものを同時に摂ることができるのです。

その他にもユーグレナの鮮やかなグリーンの色を作り出す葉緑素やGABA,ルテイン、そしてユーグレナ独自に持つ、パラミロンと呼ばれる成分にも注目が集まっています。

ユーグレナの栄養素は吸収率が高い!

バランスの取れた栄養素や藻の一種であることなどから、「ユーグレナってクロレラに似ている?」と思った方も多いでしょう。

しかしクロレラは植物性の素材。野菜やくだものと同様、栄養素が細胞壁と呼ばれる強固な繊維にくるまれているため、その栄養素を効率よく吸収するのが難しいと言われてきました。実際、サプリメントなどに加工するときは細胞壁を砕いた加工をしたものが使用されているようです。

これに対し、植物性と動物性の要素を持つユーグレナには肉などの動物性の食品と同じように細胞壁がありません。そのため、豊富な栄養素をムダなく効率的に吸収できることができるのです。その消化率はなんと90%以上。近年は深刻な食料不足が指摘されている発展途上国でのユーグレナの活用も期待されています。ユーグレナこそ、未来の栄養食という名にふさわしい素材と言えるでしょう。

ユーグレナはダイエット中の人にオススメ?

ユーグレナにはパラミロンと呼ばれる独自の成分が含まれています。パラミロンは不溶性食物繊維と同じような働きをしてくれる成分で腸の中で余分なコレステロールなどをからめとるようにして、そのまま体外に排出しやすくしてくれると考えられているのです。

実際にユーグレナを継続的に摂ることで中性脂肪や悪玉コレステロールの値が減少したという研究結果も報告されているのだそう。ユーグレナを配合した青汁はダイエット中の方に適していると言えそうですね。

さらに葉緑素には胃腸の中に残った不要物を排出しやすくするデトックス効果があると言われています。葉緑素とパラミロンのWの効果でデトックスしながら腸内環境を改善し、さまざまな栄養素がより吸収させやすい状態にしてくれると考えることもできます。

食事の栄養バランスが気になる方や毎日のすっきりを目指す方、ダイエットサポート効果を期待している方はユーグレナを原料にした青汁にトライしてみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

お試しセット7袋入り!送料無料

500円