市販の人気おすすめ青汁!ドラッグストア、スーパーと通販の青汁を比較

市販の青汁を100種類以上飲んだ筆者が青汁選びのポイントをご紹介します。

[最終更新日]  [公開日] 2016/5/18

記事のポイント

市販の青汁と言っても、大きく分けると2種類に分類されます。

  • 店舗販売:ドラッグストアやスーパー、コンビニなどの店舗で購入できる青汁
  • 通信販売:ネットなどの通信販売でのみ販売している青汁

まずは購入方法をどちらにするか?が最初の一歩になります。

メリット・デメリットは、期待したい効果や目的(野菜の栄養素を補いたいのか、置き換えダイエットしたいのか)などで変わってきますので、店舗販売と通信販売それぞれの特徴を挙げていき、自分のライフスタイルに合いそうな青汁を選んでみてください。

さらに、青汁を飲む目的として、「不足しがちな野菜の栄養素を補う」以外にも

など、目的や効果別で簡単に選べるように文末にまとめました。

手っ取り早くオススメが知りたい方は悩んだら売れ筋の青汁がベターな選択をご覧ください。

店舗販売:ドラッグストアやスーパーで買える青汁の特徴

山本漢方やファンケルの青汁で有名な、店頭販売で買える青汁は、単品で買えて安いのが特徴です。

ちなみに山本漢方はドラッグストアでシェアを広げた、青汁の先駆け的存在ですね。

通販のように購入してから商品の到着を待つ必要もありませんし、定期ではない単品購入で、手軽にはじめられるのも人気の理由です。

ドラッグストアやスーパーは、原材料の産地や成分がその場で確認しづらい

店頭で販売されている青汁のデメリットは、購入時に情報が少ない点です。

商品パッケージに記載されている情報だけで判断するか、さらに情報を求めるならネットで検索する必要があります。

例えば山本漢方の青汁は安いですが、原料の大麦若葉やケールは中国産が使われています。残念ながら、商品パッケージには原料の産地に関する記載がないため、その場で確認はできません。

安くて手軽さを求めるなら、ドラッグストアやスーパーで販売されている青汁でいいと思いますが、原産地や添加物などを気にされるなど、幅広い選択肢から選びたい方には通販の青汁がおすすめです。

効果別で選ぶ青汁の一覧へ

通信販売:ネット販売で買える青汁の特徴

特徴は何といっても、商品数と情報量の多さで、より細かいニーズに対応しています。

特定保健用食品(トクホ)や、ユーグレナ(ミドリムシ)など珍しい素材、ドラッグストアで購入できるようなコスパの良い商品も販売されています。

誰でも知っている大手メーカーも通販限定で販売するケースが増えています。

例えば、芸能人が痩せたと爆発的な人気のフルーツ青汁、大手飲料メーカーのサントリー極の青汁、えがおの青汁などなど、有名な青汁は通販限定です。このような有名な青汁は、ドラッグストアやスーパーでは購入できません。

ネット通販は種類が豊富、お試しやキャンペーンが狙い目

ネット販売だけに限定すれば、店舗と違い管理コストが少なくなるので、その分を割引キャンペーンやお試しなどで還元しています。実情としてはライバルが多いので「他の青汁よりも条件をよくしないと厳しい」というメーカー側の事情もあると思いますが、青汁ユーザーにとってはありがたい状況です。

ということで、ネットやドラッグストアどちらでも買える青汁も、実はネットのほうがお得に購入できたりもします。

さらに、青汁に使われている原材料や産地、添加物などを確認しながら選べるので、素材や成分が気になる方にも重要な点となります。

効果別で選ぶ青汁の一覧へ

ファンケルはスーパー、ネット両方で買えるけどどっちがお得?

スーパーやドラッグストアでも購入できるファンケルの青汁ですが、ネット通販も展開しています。

価格面を比較してみると、店舗で販売されているファンケルの青汁は冷凍になりますが、7袋入りで約800円+税ほど。一方でネットになると通販限定価格となり、20袋(粉末)で税込780円、送料無料です。

冷凍のほうがケール量が3倍多いのと、冷凍と粉末の違いはありますが、お得度は断然ネット通販になります。

冷凍か粉末か?使い勝手は圧倒的に粉末

余談として、冷凍か粉末か?ですが、筆者の感想としては冷凍より圧倒的に粉末派です。ほとんどの青汁も粉末タイプで販売されています。冷凍タイプは飲む前に必ず解凍する手間がありますし、持ち運びができないので使い勝手がよくないと感じてしまいます。

冷凍タイプは、絞り汁そのままのフレッシュさがイイ(素材の繊維質も感じられます)という方もいますし、青汁が一般的になり始めたころからの愛好家に親しまれている玄人好みの印象ですね。

このように様々な目的に合う青汁を探していくと、どうしてもネット通販になります。

選択肢が多いのはメリットですが、一方で詳しくない方にとっては、多すぎることがデメリットにもなってしまいます。

何を選べばいいのか迷ってしまう方は、青汁を飲む目的や効果で選んでみると、ピッタリの青汁が見つけやすくなります。

代表的な効果や目的をまとめましたので、参考にしてみてください。。

万人向け!売れ筋、人気の青汁

当サイトで売れ筋の青汁はサントリー極の青汁です。

大麦若葉を主原料にした抹茶風味で万人に飲みやすい味で人気です。

極の青汁のレビューはこちら

関連:人気・売れ筋の青汁ランキング

安くて高品質!お試しやキャンペーンでお得にはじめたい

キャンペーンは多いけど意外にお試しが少ない青汁ですが、「ファンケルの本搾り青汁ベーシック」は1杯39円で20本お試しできます。

こちらはスーパーと違って粉末タイプで、飲みやすいですし値段も割安感があります。

ファンケルの青汁のレビューはこちら

関連:キャンペーンやコスパのよい青汁ランキング

関連:ケールが原料の青汁ランキング!

栄養バランスを整えたい!野菜不足を感じている

30品目の素材で、青汁で摂りにくい淡色野菜や魚介の栄養素も補えるのが特徴の「飲みごたえ野菜青汁」もおすすめです。

1杯価格も56円とコスパにも優れています。

飲みごたえ野菜青汁のレビューはこちら

関連:栄養や素材で選ぶ青汁ランキング

青汁ダイエットで話題の芸能人のように痩せたい

青汁のダイエットと言えば置き換えダイエットですね。酵素配合のフルーツ青汁が有名です。

数あるフルー青汁の中でも「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」が一押しになりますが、理由は「フルーツ青汁は3つのポイントで簡単に失敗なく選べる!おすすめの比較方法と解約問題とは」で、有名なフルーツ青汁を厳選して比較しています。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁のレビューはこちら

関連:健康・効果的に痩せる!青汁ダイエットランキング

むくみにもおすすめ

フルーツ青汁の陰に隠れて注目度は少ないですが、むくみにも効果的な明日葉を原料にした青汁もあります。

明日葉はミネラルやカリウム、食物繊維も豊富ですが、ポリフェノール成分カルコンなど「めぐりをサポート」する成分がたっぷり。

「ふるさと青汁」は、そんな明日葉の貴重な根っこも配合した、まるごと明日葉の数少ない青汁です。

ふるさと青汁のレビューはこちら

関連:明日葉青汁ランキング!明日葉を軸に選ぶならこの1杯

便秘予防や改善、腸内環境を整える

青汁は食物繊維も豊富な原料もよく使われています。

「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」は、ゼリータイプの珍しい青汁で、水溶性食物繊維が豊富なクマザサや寒天が使われています。1食あたり1.98gの食物繊維に加えて、100億個の乳酸菌も配合されて、腸内環境を整えるのに最適なバランスとなっています。

味も上品なお茶菓子のようで、おやつ代わりにもおすすめです。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレのレビューはこちら

関連:便秘解消・予防に!腸内を整えるおすすめ青汁ランキング

妊娠中・授乳中の栄養補助に

青汁は妊娠中・授乳中のママの栄養補助にも愛飲されています。

デリケートな時期なので、添加物やカフェインには気を付けたいですよね。

「サンスター粉末青汁」は、国産野菜で完全無添加の青汁です。安全面だけでなく1杯の分量も多めで葉酸や鉄、食物繊維も補えます。

サンスター 粉末青汁のレビュー

関連:妊娠中、授乳中にも安心して飲める青汁ランキング

ノンカフェイン、無農薬や無添加など素材にこだわりたい

関連:無添加、無農薬、国産原料など安全面で選ぶ青汁

悩んだら売れ筋の青汁がベターな選択

かなり細かい分類で紹介してきましたが、それでも悩んでしまうという方は、売れ筋の青汁を選ぶのがおススメです。

ほとんどの方にとって良い選択になると思いますし、飲んでいくことで「もっとこうしたい」という具体性が生まれてきます。

まずは一定の基準を作ってから、自分に合ったベストな青汁を探してみてください。

当サイトで一番人気の青汁は「サントリー極の青汁」です。

公式サイトはこちら

定期縛りなし!送料無料

3240円+税 ~《 広告をご覧の方に10%増量パックプレゼント 》