保育園でも採用される青汁!グリーンミルクの味や効果、口コミを徹底検証

子どもや妊娠・授乳中の女性でも安心して飲める青汁を…という目的で作られた青汁がGREEN MILK(グリーンミルク)です。保育園でも採用されるほど、栄養バランスがよくおいしい青汁として人気があります。

名前からも飲みやすそうな青汁であることが伝わってきますが、どんな特徴があるのでしょうか。

[最終更新日]  [公開日] 2017/10/13

記事のポイント

グリーンミルクの特徴とは

グリーンミルクの特徴について詳しく紹介していきます。

  • 主原料は国産100%、農薬、添加物不使用
  • 大麦若葉は九州産の有機栽培
  • 58種類の野菜やくだものから作られる野菜発酵酵素をプラス
  • 牛乳3本分のカルシウム
  • 普段の食事から摂りにくいDHA・EPAを補給できる
  • お菓子作りにも便利

グリーンミルクはお子さんに安心して飲ませてあげられるよう、素材を厳選し、徹底した安全管理のもと作られています。カルシウムやDHA・EPA、酵素といった現代の食事からはなかなかとりづらくなっている栄養素を補うことができて、飲みやすいため、保育園で採用されたり、お子さんのいるご家庭で愛飲されていることも特徴と言えるでしょう。

公式サイトはこちら

グリーンミルクの口コミの評価と感想

満足度
3.0

18件

CHIAKIさんID:c2afd7f1
女性40代
満足度
4.0
飲みやすさ
4.0
価格
3.0
安心感
5.0

安心栄養価格子供

子供と一緒に飲める青汁を探していました。グリーンミルクは(1)無農薬の国産野菜使用、(2)DHA、EPA入り、(3)牛乳三本分のカルシウム、(4)完全無添加、が決め手となり、少し高いかなと思いましたが購入しました。味は甘くて飲みやすいと言う口コミ通り、子供でも飲める味だなと思いました。実際、子供たちも美味しそうに飲んでいます。ハッキリ甘いので大人は好みがわかれるかもしれません。

2018年2月27日

参考になった

9人が役に立ったと回答

プッチンさんID:606d0024
女性40代
満足度
2.0
飲みやすさ
2.0
価格
2.0
安心感
4.0

子供栄養安心

元々子供に青汁を飲ませていましたが、子供を対象に作られている方が栄養面でも安全面でも良いような気がして購入してみました。確かに子供に摂ってほしい栄養は多く(カルシウム、DHA、EPA)、安全面(国産野菜、無添加)も良いのですが、肝心の味が我が子には合いませんでした。こちらの商品は甘味と苦み両方感じるようで、普通の青汁(大麦若葉青汁を飲ませていました)の方が美味しいと言われてしまいました。フルーツジュースに入れたり工夫して飲ませていますが、やはりそのまま飲める方が良いのでリピートはしない予定です。

2018年2月24日

参考になった

8人が役に立ったと回答

hachi3さんID:c86e795f
女性30代
満足度
3.0
飲みやすさ
-
価格
-
安心感
-

子供

ほんのりした甘さを想像していましたが、結構甘味が強くて驚きました。私自身、普段はスーパーなどで売っている青汁を飲んでいるのでちょっと不自然な甘さに感じました。子供は美味しく飲めているので良かったのですが、私も主人も苦手な味だったので、リピートは悩み中です。

2018年3月18日

参考になった

4人が役に立ったと回答

辛口くんさんID:8d589c5a
女性40代
満足度
1.0
飲みやすさ
-
価格
-
安心感
-

子供栄養

大麦若葉青汁を買ったのですが、子供には甘さがある方が飲みやすいと思い別でグリーンミルクも買ってみました。しかし、飲み比べてもらった結果、甘さのない大麦若葉青汁の方が飲みやすかったようです。甘ければ子供が好きだろうと安易に考えていましたが、うちの子はそうでもなかったみたいです。

2018年3月04日

参考になった

3人が役に立ったと回答

我が子には不評でしたさんID:8260fa89
女性30代
満足度
1.0
飲みやすさ
-
価格
-
安心感
-

子供

口コミ通り甘いのですが、味にうるさい我が子の口には合わなかったようで、普通の甘みのない青汁の方が好きみたいです。

2018年4月04日

参考になった

3人が役に立ったと回答

口コミをもっとみる

口コミについて

とにかくおいしい、飲みやすいという声が多いグリーンミルク。特にお子さんでも抵抗なく飲めるよう、甘めの味わいになっているので、好き嫌いのあるお母さんたちからも好評です。カルシウムやDHA,EPAが摂れるので、牛乳や魚嫌いのお子さんのために購入している方も多いようです。

反面、その甘さが気になるという声も。男性や高齢の方には向いていないという声もありました。

引き続き、商品パッケージや公式サイトに記載の原料などから、どのような栄養成分が摂れるのか、期待できる効果についても検証していきます。

グリーンミルクの原料と栄養成分

原材料や成分は商品パッケージで確認できます。公式サイトにも記載がありました。

全ての原料

還元麦芽糖、有機大麦若葉末、クリーミングパウダー、DHA・EPA含有精製魚油、ミルクカルシウム、抹茶粉末、難消化性デキストリン、植物発酵エキス末、卵殻カルシウム、ステビア(甘味料)、ビタミンC(原料の一部に乳・卵・りんご・山芋を含む)

アレルギー物質

アレルギー物質として、卵・乳・やまいも・りんごを含んでいます。

さらに、植物発酵エキス末の原料として以下の原料を使用しています。アレルギーがある方はご注意ください。

植物発酵エキス

●果物類4種

(パイナップル、パパイヤ、リンゴ、レモン)

●野草類33種

(アサガ、アカメガシワ、アマチャヅル、イチョウの葉、ウコギ、ウコン、エゾウコギ、エビスグサ、オオガコの葉、オトギリソウ、カキドオシ、カワラケツメイ、カンゾウ、キダチアロエ、クコの葉、クコの実、クマザサ、ケイヒ、コナラ、スイカズラ、スギナ、タンポポ、ツチアケビ、ツユクサ、ツルナ、ドクダミ、ナルコユリ、ナンテンの葉、カトムギ、ハブソウ、マタタビの木、マツ葉、ヨモギ)

●野菜類21種

(カブ、キャベツ、キュウリ、ゴボウ、小松菜、椎茸。大根、玉ネギ、トマト、ナタ豆、ニラ、人参、ニンニク、パセリ、馬鈴薯、ブロッコリー、ホウレン草、舞茸、モヤシ、山芋、レンコン)

全ての成分

エネルギー/14.65kcal、たんぱく質/0.42g、脂質/0.48g/炭水化物/3.31g/糖質/2.79g、食物繊維/0.5g、ナトリウム/7.9mg、食塩相当量/0.02g、鉄/0.17mg、ビタミンC/50mg、カルシウム/650mg

牛乳3本分のカルシウムとDHA,EPAを配合

成長期のお子さんに欠かせないミネラルのひとつ、カルシウム。不足すると骨粗しょう症やイライラ、抑うつ、不眠症などの原因となったり、お肌の乾燥やしわを招くことも。とはいえ、牛乳嫌いの人が増えている今、十分な量のカルシウムを継続的に摂ることが難しくなっています。

グリーンミルクは1杯で牛乳3本分のカルシウムを配合。牛乳や乳製品が苦手という方でも無理なくカルシウムが摂取できるようになっています。

DHA,EPAをプラス!

いわしやさんま、サバなどの青魚に豊富に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)はいずれも体内で作ることができない必須脂肪酸です。

DHAは人間の脳や目の脳膜に含まれており、記憶力や集中力の維持に必要とも言われ「頭がよくなる成分」として一躍注目を集めました。最近では認知症の予防に役立つのではないかという期待も高まっています。これに対して、EPAには血液をさらさらにして血栓ができにくくして、高脂血症、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの予防に役立つ成分。

いずれも青魚を食べる機会が減っていると言われる、現代人に不足しがちな栄養素です。動物性の成分なので、青汁に含まれているのは珍しいと言えるでしょう。グリーンミルクは魚をあまり食べないという方や魚嫌いのお子さんにも適していると言えそうですね。

妊娠、授乳中の女性にも最適

グリーンミルクには妊娠中に不足しやすい、鉄分やカルシウムも含まれています。また、妊娠初期に欠かせない葉酸も摂ることができるので、プレママの栄養補給にもおすすめです。ただし、原料が多いので食品アレルギーのある方はアレルゲンが含まれていないかチェックしてから飲むようにしてくださいね。

九州産有機大麦若葉を使用!

主成分であるおおむ若葉はカルシウムや鉄分、亜鉛、βカロテン、ビタミンB1などが豊富な素材。飲みやすい青汁にはよく使用されていますよね。グリーンミルクの大麦若葉は土壌づくりからこだわった、大分県臼杵市の広大な畑で栽培されているもの。主原料から自社で手がけているため、品質管理も確実です。

58種類の野菜酵素で美容と健康をサポート

グリーンミルクには58種類もの野菜やくだものから作られる酵素も含まれています。これは乳酸菌や酵母菌をプラスして、1年半以上かけて自然に発酵、熟成のプロセスをたどる酵素。野菜を食べる機会があまりないという方にとっても嬉しいポイントとなります。

酵素には代謝や消化をサポートしてくれる効果も期待できるので、免疫力のアップや美肌、毎日のスッキリにもつながります。

次に、気になるグリーンミルクの1杯価格、コスパについて考えていきます。

グリーンミルクのコスパを検証!

※ 文章内にある価格はすべて税別です。

グリーンミルクは1回限りの通常購入と、お得に買える定期購入があります。定期購入に必要な継続回数の縛りはなく、1ヶ月で休止もできます。

通常購入5,000円(税別)
定期コース4,200円(税別)
1箱の量5g×30包
1杯価格通常:166円(税別)
定期:140円(税別)
定期購入の継続利用なし(1ヶ月で解約OK)
送料定期購入は無料。通常購入は10,000円以下の場合500円+税。

定期購入でも1杯当たり140円と割高な印象。ですがグリーミルクは1包5gと多めになっています(通常の青汁は1包3gほどが多い)。

さらに完全無添加で国産の厳選された素材を使用していること、DHAやEPAといった青汁では摂りにくい成分が配合されていること、などを考えると妥当な金額と言えるかもしれません。

特典が付くのは公式サイト限定

定期購入にすると、毎回16%引きの送料無料。さらに、初回に専用のシェーカーがついてきます。

定期購入の休止(解約)は電話のみ

定期購入の解約は電話でのみ受け付けています。電話での手続きは、特に引き留められることもなくスムーズでした。

安全面にこだわった青汁、グリーンミルクの安全性や食品添加物、原料の産地、農薬についても調べました。

公式サイトはこちら

原料の産地や添加物について

食育のために保育園などの教育機関でも採用されているグリーンミルク。小さなお子さんはもちろん、妊娠・授乳中も安心して飲める安全性の高い青汁に仕上がっています。

原料の産地大分県臼杵市(大麦若葉)
加工国内工場
食品添加物無添加(化学調味料、人工甘味料、合成保存料、合成香料、合成着色料等は一切使用していません)
農薬化学農薬不使用、残留農薬検査済
放射能検査不明

安全面で感じること

放射能検査の記載を確認することができませんでしたが、産地をみる限り、問題はないでしょう。

グリーンミルクは商品開発者が「自分で飲みたい」「子どもと一緒に飲みたい」という思いで開発した商品。

小さなお子さんでも飲めるようにおいしくしているだけではなく、食品添加物も一切使用していません。天然成分の還元麦芽糖とステビアこれは大人が飲むためにも重要なポイントですよね。妊娠、授乳中の栄養補給のために飲みたいという場合でも安心です。

ただし、妊娠・授乳中、および薬を服用中の方は、事前に医師と相談してから飲むようにしてくださいね。

ここまで口コミにあった効果や実感について、原料や栄養面などから確認していきましたが、口コミの中で一番多かった、もう一つのポイント、味についてレビューでご紹介していきます。

グリーンミルクの味や飲みやすさをチェック

グリーンミルクは口コミでは比較的好評でしたが、実際に飲んでみましたが「甘み」がポイントになりました。

女性らしいデザインの箱でおしゃれですね

個包装された袋もミルクをイメージするやさしい色合い

明るくキメの細かいきれいな粉末、5gと通常よりも容量が多めです

目安は150ccと少し多め。水だけなのにかなり明るい緑で牛乳割りのようになりました

実際に飲んでみた味の感想

冒頭で「甘み」がポイントになると言いましたが、具体的には初めにガツンと甘みがきて、そのあとギュッと苦味がくる。どちらも強めに感じました。安全面を重視して添加物を最小にするため、どうしても野菜感(苦味やえぐみ)が残るのを、強めの甘味で上塗りしようとした印象です。個人的には味の一体感としてはいまひとつと感じます。

より近いイメージとしてはトクホのピルクルと青汁を試してみましたが参考になるかもしれません。

野菜臭い香りはかなり抑えられていますが、敏感な人には感じると思いますし、わずかにえぐみもあります。ここまで甘さが強いのは、青汁の中でも群を抜いているので、苦手な方も多くいるのではないかと感じます。

大人よりは子供向けの味付けという印象ですので、同じ甘さでも自然な甘みを求める方には向かないでしょう。子供向けの味付けという認識でご検討いただくといいと思います。

苦味やえぐみもありますので、お子様に与える際には、豆乳や牛乳で割るなどのアレンジをおすすめします。

グリーンミルクの公式サイトはこちら

グリーンミルクはこんな方におすすめ

適度な甘みがあって抹茶ミルクのような味わいグリーンミルクは野菜や魚が苦手なお子さんにオススメ。カルシウムやDHA/EPAも摂れることから仕事や家事に忙しい女性や働き盛りの男性にも適しています。

実際に飲んでみると、甘みが強いので好みは分かれるかもしれません。安全性への取り組みについては、高い評価ができる青汁です。

公式サイトはこちら

定期縛りなし!送料無料

4200円+税 〜