乳酸菌配合の青汁のメリット!乳酸菌も摂れる簡単レシピ

[公開日]

記事のポイント

人間の体における最大の免疫器官である腸。食べ物を消化して栄養素を吸収する以外にも重要なはたらきをもっています。腸内環境を整えるために毎日ヨーグルトや発酵食品で乳酸菌を摂るように心がけているという方も多いのではないでしょうか。

最近は青汁のなかでも乳酸菌をプラスして野菜不足の解消と合わせて腸内環境の改善ができるものも増えてきています。乳酸菌入りの青汁がもたらすメリットや、青汁と乳酸菌を合わせて摂るためのレシピなどを紹介していきます。

乳酸菌のはたらきとは

人間の腸の中には600兆個以上もの細菌が生息しています。それらは善玉菌と悪玉菌、日和見菌という3種類の菌に分かれており、さまざまな細菌がグループごとにまとまって腸の中に生息している様子がまるでお花畑のように見えることから、腸内の様子は「腸内フローラ」とも呼ばれているのです。

よく言われている「腸内環境を改善する」というのはこの腸内フローラの状態を善玉菌優勢の状態にしておくこと。理想的な割合である善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7のバランスを保っておくことで、毎日のすっきりと病気にかかりにくい健康な体づくりにつながるのです。

乳酸菌は善玉菌の一種。食事から摂ることで腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善してくれるはたらきをもっています。

何らかの原因で、腸内の悪玉菌が優勢になると、悪玉菌がつくりだす有害物質も増えます。この有害物質は、便秘や下痢などお腹の調子を悪くするだけでなく、腸から吸収されて全身をめぐり、様々な生活習慣病や肌荒れ、肩こり、老化などにも関係するといわれています。

ビオフェルミン製薬:『腸内フローラ』のバランスが崩れると…

乳酸菌入り青汁のメリット

乳酸菌は発酵食品に含まれています。青汁は発酵食品ではないため、もともと乳酸菌が含まれているわけではありませんが、乳酸菌を配合することで、より効率的に腸内環境の改善に役立ってくれます。

その理由は青汁に食物繊維が多く含まれているから。食物繊維は便のカサを増やし、腸のぜん動運動を助けるだけではなく、乳酸菌のエサとなって乳酸菌の増殖をサポートします。とはいえ食物繊維はかさが張るため、食べるのに時間がかかり、食事からは十分に摂ることが難しいのが実情。乳酸菌入りの青汁なら、食物繊維と合わせて摂ることができるので、忙しい方の腸活にはぴったりと言えるでしょう。

最近は腸まで生きたまま届く乳酸菌や酵素を合わせて配合した青汁も。乳酸菌は人によって合う合わないがあるため、いくつかトライして自分に合ったものを見つけるのが得策です。

普通の青汁に乳酸菌をプラスできるレシピ

普通の青汁でも乳酸菌を含んだ食品と合わせることで、より腸内環境の改善に役立つレシピに変身させることができます。簡単なレシピをいくつか紹介しましょう。

飲みやすくて健康になる乳酸菌青汁

市販の乳酸菌飲料に青汁を混ぜるだけの簡単レシピ。飲むヨーグルトに混ぜてみてもOK。

飲みやすくて健康になる乳酸菌青汁
飲みやすくて健康になる乳酸菌青汁

料理名:青汁
作者:mariron★

■材料(1人分)
乳酸菌飲料 / 200cc
青汁三昧 / 1包

■レシピを考えた人のコメント
青汁を乳酸菌飲料で飲みやすく、さらに健康にしました。

詳細を楽天レシピで見る

青汁入り健康キムチチゲ

キムチの乳酸菌と青汁を合わせたレシピ。キムチの味の濃さで青汁の風味がカバーされるので、青汁が苦手な方にも。

青汁入り健康キムチチゲ
青汁入り健康キムチチゲ

作者:松子-女

■材料(2人分)
青汁 / 1杯分
にんにく / 4かけ
鶏卵 / 2個
ツナ缶 / 1缶 小
白菜キムチ / 200グラム
玉ねぎ / 1個 小
板蒲鉾 / 薄く6枚
醤油 / 大1
蜂蜜 / 大1
ごま油 / 小1

■レシピを考えた人のコメント
ランチに。

詳細を楽天レシピで見る


人気で売れ筋の青汁をランキングにしています