お茶好きの方が選ぶおいしい青汁・お茶村の神仙桑抹茶ゴールド

[最終更新日]  [公開日] 2015/7/17

記事のポイント

健康や美容にいいことをなにか始めてみたい…。野菜不足も気になるし、青汁を飲んでみたいけれど、続けられるか心配…という方の間で「おいしい!」と評判を呼んでいるのが、お茶村の神仙桑抹茶ゴールドです。

お茶村は1940年、福岡県八女市で創業したお茶やさん。もともとがお茶のメーカーだけあって、原料に使用している抹茶は熟練茶師が手がけた栄養価の高いもの。さらに抹茶の風味でとてもおいしく、続けやすいと評判を呼んでいるのです!

桑の葉・緑茶・シモンの3つのパワーでいらいないものをカット!

神仙桑抹茶ゴールドは桑の葉・緑茶・シモンという3つの原料を絶妙なバランスで配合して毎日おいしく飲めるように工夫して作られています。

「シモンはともかく、桑の葉や緑茶は珍しい成分でもなさそう…」という方のために、お茶村のこだわりを紹介していきましょう。

その栄養価の高さにビックリ!神仙桑のパワーとは

神仙桑抹茶ゴールドの原料となる桑の葉は神仙桑と呼ばれるもの。桑の葉は昔から日本でも健康効果があるとして重用されていた食材です。

最近になって桑の葉に含まれているDNJという成分に糖分をバリアしてくれるはたらきがあるということが分かってきました。そういえば、ダイエットサポートサプリメントなどにも桑の葉が配合されているものがありますよね。

またDNJには体が脂肪を溜め込むのを防いだり、顔や足のむくみを軽減させてくれる効果も期待できるのだとか。

健康診断の数値が気になる方や、生活習慣病を予防したいという働きざかりの男性や夕方になると足がパンパン、朝はいつも顔がむくんでいる…という女性にも嬉しい成分と言えそうです。

あまり知られていませんが、桑の葉にはビタミンやミネラルといった栄養素もたくさん含まれています。

余分な水分や老廃物の排出に必要なカリウムはゴーヤの約6倍、鉄分はホウレンソウの約12倍、カルシウムは青汁の原料として有名なケールの約9倍。普段の食事からはなかなか摂れない不足しがちなミネラルをしっかり補うことができるのです。

また便秘がちな女性に嬉しい食物繊維はなんとレタスの約34倍も含まれているそう。

またビタミンEやβカロチンなどの美肌づくりに欠かせない栄養分も摂ることができるので、桑の葉は毎朝のすっきりを目指す女性や美容にこだわる方にもぴったりでしょう。

シモン芋の葉と茎に秘められたパワーとは

神仙桑抹茶ゴールドに含まれているシモンとはどんな成分なのでしょうか。シモンとはブラジル産の白いサツマイモのような野菜。

強烈な日差しの過酷な環境下において、土壌に含まれる栄養価をぐんぐんと吸収し葉や根の部分に蓄えていくという特徴があります。ブラジルでは昔からシモンのことをクスリイモと呼んで珍重してきたのだとか。

生命力の強い植物でそのつるは10メートル近くまで伸びることもあるのだそう。お茶村では特にビタミンやミネラルを多く含んでいる葉や茎に注目しました。

シモンにはカリウムや酵素のはたらきをサポートするビタミンB群をはじめビタミンC,K,E,Dといった栄養素が含まれています。

緑茶にかける熱意!神仙桑抹茶ゴールドの誕生秘話とは?

無農薬で作物を作るといのは実はとても難しいこと。自分の茶園が無農薬でお茶を育てていても、近隣の茶園が農薬を使っていれば、土壌が汚染されてしまう恐れがあるため、完全無農薬と謳うことはできません。

さらに日本の限られた土地の中で、新しい無農薬の茶園を作ることも難しいでしょう。

神仙桑抹茶ゴールドは無農薬のお茶を作るために、お茶メーカーであるお茶村が中国の紹興という町に目をつけたことがきっかけで誕生しました。

中国産というと品質に不安を覚える方もいるかもしれませんが、お茶のルーツはもともと中国にあります。また広大な国土を誇る中国であれば、まだ手つかずの自然が残っている可能性もあるということ。

お茶村はそんな紹興の町で紆余曲折を経ながら5年以上の歳月をかけて日本に劣らない美しい茶園を作り上げたのです。今では中国政府から農業環境模範茶園という認定を受け、国内の農業局員や関係者が視察に訪れるほどに成長したのだそう。

もともと紹興はシルクの産地としても知られていました。絹糸を作り出す蚕(かいこ)のエサは桑の葉。無農薬のお茶に良質の桑の葉…。

この2つの原料に含まれる豊富な栄養素を生かしたい!という茶師の熱意で誕生したのが神仙桑抹茶ゴールドなのです。

おいしい味と見た目の美しさへこだわり

神仙桑抹茶ゴールドはおいしさだけではなく、鮮やかな緑色という見た目の美しさにもこだわって作られています。試作段階では煎じ茶のように赤茶色になってしまい、味も苦みがあって渋くイマイチだったという桑の葉を抹茶を作るときに手法で加工することで、後味のすっきりしたまろやかな抹茶風味に仕上げました。

また色も鮮やかな緑色なので、冷たい牛乳や豆乳に溶かしてみてもキレイですし、クッキーやスポンジケーキの生地に混ぜてもおしゃれなスイーツに仕上がります。

なにより味がまろやかでおいしいので小さなお子さんから年配の方まで無理なく毎日飲み続けることができると愛飲者が増え続けているのだとか。

お茶やさんが手がけただけあって、試飲した人のほとんどが「青汁ではなく抹茶」と答えていることからも分かるように、神仙桑抹茶ゴールドはおいしくて続けやすいのも魅力のひとつ。

毎日気軽に、そしておいしく健康管理と美容ケアにこだわりたい!という人にイチオシの青汁です。

公式サイトはこちら

定期縛り6回、送料無料

5415円+税 ~