添加物不使用!国産野菜100%で安心!サンスターの粉末青汁

[最終更新日]  [公開日] 2015/7/17

記事のポイント

手軽に野菜不足を解消できる粉末タイプの青汁。いろいろなメーカーから販売されているので、試したことのある方も多いでしょう。

しかし「粉末青汁は物足りない」「変化が実感できない」という人もいるのではないでしょうか。

そんなこれまでの青汁に満足できなかった人の間で人気を呼んでいるのが、添加物不使用・国産野菜100%で安全性の高いサンスターの粉末青汁です。

国産にこだわった5種類の野菜を100%使用!

サンスターの粉末青汁は青汁の原料として知られるケールの他にブロッコリー、明日葉、大麦若葉、モロヘイヤといった緑の野菜を使用しています。しかもすべての原料は国産100%なので、安全性もばっちりです。

では、これらの原料について詳しく見ていきましょう!

ケールにブロッコリーと大麦若葉をプラスして飲みやすく!

ケールには美肌効果もあるβカロチンがキャベツの約60倍、ビタミンCは約2倍含まれています。さらにミネラルや食物繊維も豊富な万能野菜として知られており、青汁の原料としては欠かせません。

このケールは独特の苦みがあって飲みにくいことで知られていますが、このケールの苦みを和らげてくれるのがブロッコリーです。ブロッコリーは抗酸化成分であるフィトケミカルやビタミンCが豊富な野菜でほどよい甘味のある野菜。

このブロッコリーを加えることで、ケールの苦みを抑えることができるのです。

また大麦若葉も抹茶のような風味で青汁を飲みやすくしてくれる素材のひとつ。

現代人に不足しがちな亜鉛や鉄分、カルシウムなどのミネラルやビタミン、葉緑素、食物繊維が豊富であるだけではなく、最近ではSOD酵素と呼ばれる活性酸素を除去する酵素が含まれていることでも注目を集めるようになりました。

大麦若葉とは穀物である大麦の若い芽のこと。クセのない味で飲みやすいので、最近はケールではなく大麦若葉を主原料にしている青汁も増えているようです。

明日葉とモロヘイヤをプラスしてさらにおいしく!

明日葉は日本特有のせり科の植物。「今日摘んでも、明日には新しい芽が生えてくる」と言われるほど、生命力の高い植物。

ビタミンやミネラルが豊富なだけではなく、明日葉独自のカルコンと呼ばれるポリフェノールの一種がメタボ体型や生活習慣病の予防に役立ってくれるとも言われています。

さらにカルコンには体内に溜まった老廃物や余分な水分を排出しやすくしてくれる効果があるため、下半身や顔のむくみが気になる女性も積極的に摂りたい成分です。

明日葉はほんのりスパイシーな風味があるため、味のアクセントにもなっています。

またモロヘイヤにはビタミンB群や抗酸化効果の高いビタミンE,カロチンなどが豊富に含まれていて、その含有量は野菜の中でもトップクラスなのだそう。

生のモロヘイヤはねばねばしていますが、サンスターの粉末青汁もモロヘイヤを配合することで、粉末タイプの青汁にありがちな粉っぽさを抑えることに成功しました。

野菜100g分の栄養が摂れる!

厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量目安は350g。これに対し、現代人の食事で摂れる1日の野菜摂取量は約270g程度にとどまっています。

サンスターの粉末青汁には野菜100g分を補うことができるので、食が細くなりがちな高齢の方や野菜嫌いのお子さん、忙しい方にもおすすめです。

食品添加物無添加、安全性の高い粉末青汁

サンスターの粉末青汁は国産にこだわった5つの野菜を絶妙なバランスで配合することで、香料や甘味料を加えることなく、おいしく仕上げることに成功しました。また保存料などの添加物も一切使用していません。

さらに水や牛乳などに溶けやすいマイクロパウダーという顆粒状の細かいパウダーにすることで、通常の粉末タイプの青汁につなぎとして使用されているでんぷんもカット。

100%野菜だけで作られた本物の青汁を手軽に毎日楽しむことができます。

また通常の粉末タイプの青汁が約4g程度であるのに対し、サンスターの粉末青汁はなんと10g。これまでの青汁では物足りなかったという人からも満足した!というクチコミが寄せられています。

イチオシはヨーグルトに混ぜてハチミツをプラスしたり、冷たい牛乳や豆乳で溶いて飲むこと。ココアをプラスしてもおいしくいただけます。

毎日手軽に、しかも安全にたっぷりの野菜が摂れるサンスターの粉末青汁。皆さんも健康習慣のひとつとして取り入れてみませんか?

公式サイトはこちら

送料無料、電動クリーマー付き

4500円+税